« 2010年5月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年11月11日 (日)

【現状報告】ほぼ復活か?

ずーーっと書くの忘れてました(^_^;)
ブログの存在も、すっかり忘れておりました。
心配してくださった皆様には、ふっっっかぁーーーくぅ、お詫び申し上げます。
まっ、そんなで、精神状態はすっかり良くなっております。
無事、今年の四月から元の工場の仕事に戻ることができました。
あ~~よかった。よかった。
そこで、taroの心が壊れかけた原因を客観的に考えてみた。
■原因1
最初移動になったグループは、ほとんどが生え抜きの集団で、そのグループの長も、当然、その仕事だけをやり続けた人です。
なので、taroのような余所者を排除しようという考えがある。絶対にあったと思う。
「こいつを黙らせよう!つぶしてやろう!」と上司は思っていたと思う。
「他所から来て、何も知らないくせに上司面こくな!」って部下は思っていたと思う。
一対多(10くらいかな)じゃ、かないませんって(^_^;)
■原因2
「出来る人がやるべき」「やった事がある人がやるべき」という考え方を持つ所長がいた。
当時、やった事の無いグループの課長や係長が、バンバン作られた頃でした。
係長、課長に恥をかかせないため、taroに仕事を押し付けることを、何度もやってくれました。
バカらしくて仕事なんかやってられませんて。
この所長も今は取締役です。ちょっと前に「わりぃ」って言ってたけど、言葉だけかよ!
■原因3
グループを変わる前(工場の仕事をしていた頃)の素行が悪かった(^_^;)
自分の評判の悪さにはビックリしたものです。
悪いうわさを流す過去の上司がいました。この人も今は取締役です。
まっ、最近では、言葉に気をつけるように心がけております。

こんな感じで、今は元気になれたけど、サラリーマンとしての未来は、無いものと思ってます。
今後は、仕事はほどほど、やりたいことをやり、ほしい物を買い、後悔しない人生にしたい予定です。
一番大事なのはだと気づいた。
久しぶりに恋愛でもしてみようかな。などと、人生終盤の中年オヤジは思うのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

能力の順番

toroの会社には能力給と年齢給がある。
等級というのもあって、これは能力の順番と理解している。
格付けみたいなもんですね。
グダグダしていた8年間で等級は、まったく変わっておりません。
その間、
同じ仕事をやり続けていた元部下が、taroより上に行っちまったぜ(^_^;)
そりゃ~ねぇよな!

本社勤務の頃も、ITグループの上司が異動になり、同じ大学出身の後輩が課長で来ましたよぉ~
まっ、彼の場合は若い頃にITグループに在籍しており、当然、その世界ではtaroよりも能力・経験が上です。
でもね、、、

「これって何の罰?」
周りからは笑われていたことでしょう。さらし者にして楽しんでるのかよ!

でも、その課長もtaroには気を使っていたようで、あんま、横柄な態度は取りませんでしたね。
はっきり言ってでした(^_^;)

上ばかり見ていると苦労する。
下をみれば気が楽になる。

これに気づけたので良かったと思う。

これからは(これからもかな?)下っ端面おもいっきりかせてもらいますよぉ
次に苦労するのは上に行ったお前らだ!
仕返しだぁ~、仕返し、仕返し、仕返し、、、イヒヒヒヒ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

仕事とは?

仕事をしての満足とは何か?
それは、人に認められる事ではない。
人に喜ばれることでもない。感謝されることでもない。
こんなの、他人に利用されているだけだよ。

仕事をコロコロ変わってたら何が仕事か分かりましたよ。
それは、、、

自分のやりたいことをやる!
自分でやりたいこと、やるべきことを見つける!
それを繰り返すこと!


それが、満足につながります。
こんなこと言うと、自己満足だ!オナニーだ!と批判する人がいるが、
自分がやりたいと思ったことを自分で計画して自分でやる。

それだけでtaroは満足です。
充実しています。
誰も認めてくれなくても結構です。

仕事は金のためにやるものではない、自分がやりたいことをやるために仕事があるんだ。

具体的に言えば、
草がボウボウだから、草刈をやる。
芝生がきれいじゃないから、芝刈りをやる。
事務所が汚いから掃除をする。
錆びているから塗装する。

会社は自分の棲家だと思えれば、こんな楽しいことはありません。

悟りました。。。。。。。

この気持ちが、ずーーーっと続きますように(||li`ω゚∞)
アーメン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

とんでも上司

toraは金はある。
ここ10年くらいは金に困ったことがない。
投資信託からの分配金は月10万円ほどで、これだけでも生活できる自信がある。
会社を辞めたいと言いながらも、仕事を続け、給料をもらい続けているので、当然、貯金もドンドン増えてきた。
そこで、意識が変わってきて、我慢せず、欲しいものはスグに買うようになった。

最近の買い物はルンバ!
自動掃除機ルンバだぁ!

これはamazonで3万円ほどで買えた。

あまりの使い勝手の良さに、ぶったまげました←これ、多分方言です(^_^;)

そんで、ルンバを工場に持ち込んだ。

床がピカピカですよぉ。ふぅ~

掃除というやっかいな仕事をロボットが、
わずか3万円程度で買えるロボットが、自動で掃除をしてくれる。
入念な掃除を黙々とやり続ける。
これ、人間にはできませんね。

そんで、上司に相談して会社で買ってもらえないか交渉した。

そしたら、
「こっちの仕事やってくれたら決済してやる」みたいな事を言いやがった!

「こっちも大変なんだよねぇ」←上司
「時間が空いた分、こっちの仕事やってくれないかなぁ」←上司
「代休が七日も溜まってる人がいるんだよ」←上司
「taroさんが社長の立場なら業務負荷を均等にするでしょ」←上司

「それ人が足りないだけでしょ 増員すればいいでしょ」←taro
「仕事はやるべき人がやるものです」←taro
「たった3万円で余計な仕事増やすつもりはございません」←taro
「一回引き受けたら、別の仕事も押し付けるつもりでしょ」←taro
「お断り申し上げます」taro

そんでtaroのルンバを会社にプレゼントすることにしました。
これは会社のためではない。自分がきれいな環境で仕事できるようにするためだ。
自分のための投資だ!

それにしても上司ぃ~、、、、、
自分の決裁権を利用して他所の仕事を押し付けるとわぁ~、、、、、
ろくに工場に来ないで、上司づらコいてんじゃねぇ!

まっ、金さえあれば嫌なことを回避できるってことですね。フン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

業務効率化?

業務効率化の名目で仕事を複雑にしている。
特に本社ITグループはバカだ。
望まれていない仕組みを作り、それを使えと押し付ける。
ルールをアナウンスせず、ただ使えという。

例えば、「テレビ会議システム」なんてセットアップできる人がいない。
セットアップに時間がかかる。
映像が止まる。(音しか聞こえない)

出張した方が良かったんじゃないのぉ~

大昔につくられたシステムがあり、これ社員が作っちゃったんだよねぇ~
個人のHPに毛が生えた程度のものですが、いろんなものを詰め込んだので、
今更、廃止できねぇ~
変更の依頼があっても、誰も修正できねぇ~
そんで、古いプログラミング言語を自分で勉強してるんでいよぉ~

大バカです!

書類では「業務効率化のためPDFで送ることにしました。」なんてあったけど、
わざわざ判子を押した後の書類をPDF化してメールで送っている。
これ、全部の書類じゃなくて一部だけなんだよね(^_^;)
そうすると、どれがPDFだか分かんなくなって、紙で送ったら怒られましたよ。
で、PDFで出しなおし。

「効率化のため一定金額以下は支社に権限を与えます」ってのもあるけど、
結局、支社長が責任かぶりたくないから本社に伺いを書け!ってなります(^_^;)
んで、本社に書類を送ると「これ、支社長決済です。規定知らないんですか?」なんて言われたこともある。

支社長が決済するもの、課長でよいもの、係長でよいものが細かく規定に書かれている。
すると、調べるのに時間かかったり、間違ったら書き直しだったりで、、、、、
結局効率化してねぇじゃん!

んで、決済基準みたいなものを毎年見直して、修正する作業があります。
自作・自演かよ?

わざわざ複雑にすることが業務効率化か!

会社ごっこで、どれだけ無駄な時間が使われていることやら、、、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

会社でも節約1

taroが節約大好きということを皆さんご存知のことと思います。
家では金のかからない生活を心がけ、いつ、会社を辞めても良い状態をつくっております。
仕事が順調です。
特に辞めたいと思わなくなったことと、会社で心に余裕が持てることより、
会社でも節約をやってみた。

まずは節電
会社では節約は奨励するが、金がかかるのはダメみたいな風潮がある。
単に、電気を消せ!
エアコン使うな!設定温度を高く(冬は低く)しろ!
これだけである。

がっ、金かけてもスグに元が取れるんなら、金かけたらイイじゃん!という思想で、

照明をLED電球に変えてみた。
※蛍光灯ではなく、電球にするのがミソ 消費電力がまるで違います。電球は安いしぃ

照明器具はマグネットフックで蛍光灯の枠のところにぶら下げてみた。
電源は、コンセントから延長ケーブルで天井まで持ってった。

計算すると器具代・電球代などの初期投資分が半年で回収できることになります。
んで、電気代が月5000円~6000円くらい安くなりました(*゚▽゚)ノ

安くするだけだと、会社が儲かるだけでtaroは儲かりません!
そんで、電気代を安くした分で自動販売機を入れる交渉をした。
当然okですよぉ~

taroだけじゃなく、みんなが幸せです。

taroの前任者は金を使わないことが節約だと思っていたようだ。
金使って、更に安くあげようぜ!

taroは会社でも節約を楽しんでいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

会社でも節約2

工場勤務からしばらく離れていたが、新しい製品がガンガン出ていることに愕然とした。
日本のモノ作り能力は計り知れない。
日本は必要に迫られれば、やっちゃう国らしい。
そこで、節電です。

蛍光灯のLED電球化に成功し、自販機をゲットしたtaroは次なる節約先を探すのでした。
次の節約標的は、工場で、かなりの電力を消費していると思われる、水銀灯です。
暗くなると点灯し、明るくなると消えます。
なにしろ一つ400Wなんで、これが節電できれば、かなりの効果をあげられます。

んで、調べた、見積もり取ったりした。
結論だけど、防爆仕様の400W相当のLEDはない
技術的にかなり難しいらしい。
※防爆じゃない400W相当のLEDはあったが、高いぃぃぃ~

そんで最初はあきらめていたんだけど、更に調べた。
途中で、LEDにこだわっていることに気づき、メーカーに電話して、節電できる電球ない?って聞いてみた。
そしたらあったんですよぉ~
その名は、セラミックメタルハライドランプ。

消費電力220Wで水銀灯400W相当の明るさとの事でした。

そんで、ちょうど漏電している水銀灯があったんで、試してみました。
バッチグーです(* ̄ー ̄*)

ほかの水銀灯より全然明るいじゃありませんかぁ~
照度計で計ると、なんと3倍以上の明るさ!

金額にすると1500円/月の電気料金削減になります。

これ、会社にアピールして残りの水銀灯も入れ替えすることになりました。

いや~、こんなの出来ると仕事が面白いったらありゃしない。
そんなワケで絶好調のtaroでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社でも節約3

どうすれば安くなるか?
これって企業の目的だと思う。
金をかけずに金を稼ぐ。そうあるべきです。

そんなワケで節約好きな人は工場の仕事が向いています。
工場の維持には、家庭とは桁違いの金がかかります。
これを電卓をたたいて(エクセルでも良い)いくら安くなる。回収に○年かかるとかやってるワケです。

節約ネタは、調べればいくらでも出てきますねぇ。

照明の他にあった節約ネタとしては、節電コンプレッサーとか節電ポンプなどがありました。
これらは、どうせ入れ替え時期だからということで、来年の予算に捻じ込んだ。

ふぅ~ まだまだ、電気代が安くなりますよぉ~

設備の入替えだけじゃ足りません!
運用を工夫するだけで、運転時間が短縮できるものもいっぱいあります。

こんな感じで、毎月いくら安くなったと計算しているのがtaroの最近の楽しみです。

いままで、いやな思いさせられた分、楽しませて頂きますよぉ~
会社ぁ~

仕事は人生の修行の場ではない!
人生を楽しむための道具だ!
おまけに給料までくれる。

最高ですよ(*^-^)
この幸せがいつまで続くやら、、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

次はあんたの番

自分が忙しいと、他人も忙しくしたくなるらしい。
これはtaroの上司A課長だ。
たまぁ~に工場に来て、判子押して帰っていく。滞在時間は30分ほどだ。
月1~2回ですね。

ちなみにトラブルが発生した時も来ない(^_^;)
支社長につつかれて、仕方なく来る感じですね。
こないだは本社からつつかれてました(^_^;)

要するに彼は工場の仕事をやった事が無い。
やった事がないけど課長に任命されてしまった気の毒な人なんですよ。

こんな人事はよくあることです。
taroも同じ経験をしたんで、責める気は毛頭ありません。

だが、しかし、、、、
「こっちの仕事やってくんない」とか
「一人貸してくんない」など

責任を果たさないくせに、権限だけをチラつかせる!

普通、やった事がないからやらない人は、こちらに対して気を使うべきです。
taroはそうでした。
口出ししませんでした。(口出し出来ませんでした)

まっ、そんなワケで時々仕返しを考えるという、嫌らしいことをしています。
なるべく係わらないようにしているんなら、やっかいな仕事を係わらなきゃいけないように仕向けています。

仕事そのものはtaroがやりますから問題ありません。
仕事を始めるための説明や根回しに彼を巻き込むのです。
本社から問い合わせがあったら、「課長に聞いて」なんて答えます。

これってキツイよなぁ(^_^;)
ジワジワ攻めているんで、ますます工場に来なくなった!

次はあんたの番だよ。課長ぉぉぉぉぉぉ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書類程度でも、、、

今のtaroの上司は文章がヘタクソだ。
ヘタクソなくせに人の文章を直そうとする。
直した文章は、なんつうか、すごくいやらしい、ねっとりした、逃げの姿勢が露骨に出ている、クソ文章になる。
それをメールでtaroに送りつけ、判子押して回覧しろときた!
「これはtaroの文章ではありません。課長が判子押してまわせばイイでしょ」と言った。
逆切れしていましたね(^_^;)

結局、この文章はtaro案で送付されることになった。
多分、彼は、何もしないと仕事したことにならないので、修正して仕事した気分を味わってたんでしょうね。
ちなみに、課長Aはゼロから文章を書くことは出来ません。なにぶん、知識が不足していることと、過去に書いた書類の枚数がまるで違う。

taroは若い頃は期待の星でした。課長Aより先に今の役職に就いています。(結局抜かれているけどね(^_^;))
なので、書いた書類は課長Aの数十倍と想定しています。
さらに、本社ITグループに所属していた頃はメールのやり取りが主流でした。
短時間に自分の言いたいことを文字にする。相手に伝わるように書く。
大嫌いなITグループですが、この部分は鍛えられたと思ってます。

そんなで、書類程度で時間がかかってしまう。
でっ、本来の仕事が遅れてしまう。ふぅ~
なにが業務効率化だぁ!

まっ、組織とは役職順に判子を押すことで成り立っているようなので、こんなことは、どこの会社でもあることでしょう。

でも、こんな程度のことでも、自分の意思を表明することは大事です。
その後、ほとんどの書類は修正なしで更に上にまわるようになりました。
言うべきことは、その場で言う!
そおすれば、その後同じことがあっても、同じ結果にならない。

これは、今後も心がけたい部分です。
嫌われるけどね(^_^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2013年1月 »