« ついにばっくれ! | トップページ | ついにばっくれ!(3) »

2009年7月10日 (金)

ついにばっくれ!(2)

ばっくれて考えたのが、、、

このまま失踪しようか?どこに行こうか?実家しかないかな?まずはアパートに戻ろう、、、

のどかな電車からの風景を眺めながら、今後の自分の身の振り方を考えるのでした。

先のことはともかく、今はゆっくり眠りたい、、、

酒も飲みたい、、、

電車の中では、罪悪感と安堵感が入り混じる奇妙な気分を感じるのでした。こんな気分は初めてでした、、、

そんで、アパートに着いて、、、

「このアパートは社宅だから、会社ばっくれたtaroはここに居られないよな、、、」

とりあえず、愛車ジムニーに荷物を詰め込んで、出かける準備を始めたのでした、、、行くあてもないのに、、、

そこで、上司Fからの電話です。

「taroさん、どうしました?」

「Fさん、もうダメです。何もしたくありません、、、」

「えっ?寝坊しただけでしょ」

「はい、でも、もぉ神奈川まで行けません。気持ちが抜けました」

「えっ?」

「、、、、、、、、、、、」

「ギブアップです。もう出来ません。」

、、、、、、、、、、、、、、

「これから茨城まで行ってもいいですか?」

「えっ、忙しいじゃないですか?そこから2時間もかかりますよ」

「大丈夫ですよ。何とかします。」

そんで上司Fが茨城に登場です。

「いや~、taroさんのおかげでゆっくりできます。仕事は部長に押し付けてきましたから。はっはっはっ、、、」

彼も1日3時間の睡眠を続けている人なのでした(^_^;)

―――――つづく―――――

|

« ついにばっくれ! | トップページ | ついにばっくれ!(3) »

コメント

I guess that to receive the personal loans from creditors you ought to have a great reason. But, once I have got a sba loan, just because I wanted to buy a building.

投稿: MelanieGARRETT30 | 2012年1月 6日 (金) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57190/45588755

この記事へのトラックバック一覧です: ついにばっくれ!(2):

« ついにばっくれ! | トップページ | ついにばっくれ!(3) »