« 年金特別便(後20ヶ月) | トップページ | 電気代の節約 »

2008年8月30日 (土)

うつ病者のその後のその後のその後

taroの所属する会社にいるうつ病者

うつ病が社内に蔓延するようになったきっかけともいうべき人です。43才で奥さん子供あり(子供は高校生)社内第一号のうつ病による長期休職をした人です。

6年くらい前から休みがちなうつ病者

何故か毎年春になると休むようになるんですよ(^_^;)それでも会社辞めないで出てきてました。

今年は5月から会社に来ていないから、もぉ4ヶ月も休んでいる。

こんな場合は、とりあえず有給休暇を使う、、、その後出て来れない場合は、会社の規定により3ヵ月までは休むことが許されている(以前は6ヶ月だったが病気の人が増えたためか最近になって3ヵ月に短縮されたのでした。)

そんで、3ヵ月が経過するころに「今後どうするか?」の選択をしなければならないのです。

大方の予想では、有給休暇を全部使って、その後3ヵ月はキッチリ休んで、そんで9月からは何事もなかったかの様な顔をして出てくるだろうと思われていた。

だが、、、大方の予想を裏切り、、、

彼は8月いっぱいで退職する道を選んだのでした!

意外でしたよ!これからどうする気だ○田!

――――――――――――――――――――

そんで彼がこれからどぉなるかをシミュレーションしてみた(^_^;)

■退職金と失業保険で、しばらくは食べていける。推定ですが2年くらいかな、、、

■アパートを引き上げ実家に戻る。奥さんと子供をつれて肩身が狭いかもしれない(特に奥さんが)

■子供が高校を卒業するまで後1年だから、とりあえず卒業できるだろう。でも大学進学は難しいのではないだろうか?

■自動車は売るべきだなpunch何を考えているのか去年レクサスを買っていた(^_^;)総合職から専門職に格下げになり、アパート代を自分で負担しなければならないというのに高級車を新車で買う余裕があるのか!去年彼がレクサスを買った時「軽自動車にすればよかったんじゃないの」とtaroは思いましたね(ーー;)

■奥さんの負担が増える。現在パートに出ているらしいが、パート程度じゃ家計を賄いきれるワケないって。

離婚もありうる、、、金がないと愛もなくなるものです。※夫婦で病気を乗り切る人もいますが、かなり少数派だと思われます。

■金がなくなるころに仕事を探し始めるが、年齢的に正社員ってわけにはいかないだろうなぁ、、、コンビニのバイトとか、、、でも病気じゃバイトも出来ないよなぁ。

■数年後には奥さんと子供に逃げられ、実家に引きこもるようになるとtaroは想像します。

■親は高齢のはずだから、親が病気になったり亡くなったりしたら、、、○田はもお生きていくことさえ出来なくなるのでは、、、

――――――――――――――――――――

会社辞めたいtaroが言うのもなんですが(^_^;)奥さんと子供がいて、うつ病になって、会社を辞めた場合のその後は、どぉ見ても悲惨なものです。

本人だけじゃなく奥さんや子供も、、、

――――――――――――――――――――

今は元気に働けている人でも、こんな状態に陥ることは十分にあり得ます。そのリスクを軽減するためにはどうすればヨイかを考えてみた。

■会社以外からの収入を確保しておく。(taroの場合は投資です)

■結婚しない。結婚しても子供をつくらない。(離婚したtaroが言うのもなんですが

寂しいですよね(^_^;))

■家を買わない。(長期間のローンなど組まないってことです)

■結婚したからといって奥さんが会社を辞めない。taroの会社では出産休暇や育児休暇が認められています。(本当にイイ会社ですよね。辞めるのもったいないかも?最近では介護休暇なんてのもあります。)

■日ごろから固定費を低く抑えるようにする。収入がなくなっても長期間耐えられるようにするためです。

こんなもんかな?でも、うつ病じゃない人でも事故で亡くなることってあるから、あまり考え過ぎない方がいいのかも?

いや、まて、この場合は保険金がおりるから大丈夫か?

身体も精神も健康で、結婚して奥さん子供がいる人には、保険は必須ってことでしょうね。

|

« 年金特別便(後20ヶ月) | トップページ | 電気代の節約 »

コメント

そうですよね。ひょっとしたら○田は別の収入源を密かに見つけていたのかもしれませんね。
taroが準備を進めているのと同じように、、、
備えあれば憂いなしといいますから、元気なうちに準備を進めましょう。
taroは、もう少しという感じで心の余裕が出てきました。死なない程度の収入は何とかなりそうです。
短距離ロケットさんが、そんなに酷い状況とは知りませんでした。短距離ロケットさんも"イザ"という時の準備を進めてください。
とりあえず、なるべく辞めるのを引き伸ばすのは"得"ですよ。会社に通うだけで毎月給料をもらえますから、、、
会社を利用できるだけ利用しましょうよ!
んで、準備が完了したら、いよいよ我慢できなくなるまで居座りましょうよ!
1人ぐらい遊んでいるのがいても会社は潰れませんって!他の人の稼ぎを分けてもらいましょうよ!

投稿: taro | 2008年9月 2日 (火) 21時53分

taro様こんにちわ
前記事にコメント入れてスミマセン

私も体調を崩して3ヶ月の休職が
確定しています。
1ヶ月間は具合悪かったですが・・・
2ヶ月目からは若干軽くなったので外を散歩とかしています。
医者からは会社の対応に疑問があるんで
合計6ヶ月休職を奨められています。

んで休職している者だから思うんですが
この43歳の会社退職する方何か収入源を
確保したんじゃないでしょうか?
何故:レクサスの購入者は確か年収確認があったかと
   ん百万以上じゃないと買えないとか・・・
※間違いかもしれませんウロ覚えなので

何を言いたいかというと
副収入で食べていける術を見出したのかも・・・
6年4ヶ月休んだら24ヶ月ありますからね
アパート経営とかで会社起して暮らしている人も
居ますし・・・

私は来月から重機の免許でも取りに行こうと
考えています。

確かに調子が悪いんですが・・・私も退職の2文字が
頭をよぎって、ただ寝てられないんですよね
何とか免職になりかけた時、取り乱さない様に・・・

投稿: 短距離ロケット | 2008年8月31日 (日) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57190/42327013

この記事へのトラックバック一覧です: うつ病者のその後のその後のその後:

» すばらしいブログを紹介します! [すばらしいブログを紹介します!]
訪問した瞬間から興味がわくブログを厳選して紹介しております。(※コメント・トラックバック不可) [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 15時40分

» 基本のキ [退職と年次有給休暇の甘い関係 ]
もう一度年次有給休暇にについておさらいしましょう。有給休暇を利用するためには、社員から会社に対して、有給休暇を請求することが要件です。つまり時季と日数を特定することが必要になります。社員はこのように有給休暇を取る日を自由に指定することができます。この権利のことを時季指定権といいます。既に説明した通りです。しかしながら、社員が有給休暇を取ると、会社の事業の正常な運営を妨げるような場合があります。このようなケースでは、会社は社員に対して他の日に有給休暇を変更することを要望すること...... [続きを読む]

受信: 2008年9月22日 (月) 16時21分

« 年金特別便(後20ヶ月) | トップページ | 電気代の節約 »