« 自動車の価値 | トップページ | メールがキライです(ーー;) »

2008年5月25日 (日)

今年の昇給

いやな時代に生きています

団体交渉が終わり今年の昇給額が発表となりました。

50才以下組合員の平均昇給額は4,050円です(ーー;)

毎年下がり続ける昇給額、、、ホントに会社は苦しいのだろうか?

会社全体の売り上げが落ちてるとは考えられないし、、、かなり売り上げが伸びているのは経営側じゃないtaroにも分かっていることです、、、利益は?、、、

この昇給額は世間の相場に合わせているいるとしか思えません!

評価の悪いtaroの昇給額は平均以下となるのは確実です。去年の昇給は平均6,000円に対して4,000円でしたから、今年の予想昇給額は2,000円とかになるのでしょうか?

43才の働き盛りがこんなもんかよ!(※働けなくなってますけど(ーー;))

昔の40才台なら平均の2倍はいってましたよ、、、それこそ年齢給が当たり前の時代で、下っ端の40才台でも世間並みの給料を確保できる権利みたいなものがあるヨイ時代だったのです。

いやな時代に40才になりました。

責任だけは押し付けられ昇給は平均以下、、、自分より給料の高い部下とか評価のヨイ昇給額の多い部下とかがいるという矛盾、、、

しかも、その部下の評価をするのはtaroだという屈辱的な状況、、、

かと言って評価の悪いtaroを降格にはしない、、、頑張れとだけいう無理強い

これって何のいやがらせなんだろう?

我慢大会ですか?

それ以前に我慢する必要あるのでしょうか?頑張れば明るい未来があるとでも言うのでしょうか?

――――――――――――――――――――

まっ、そんなで自分の昇給は自分で確保する必要があります。

taroが今いる会社では50才までに給料を上げられるところまで上げなければ、その後は定年まで会社にしがみついて、とりあえずは現状維持の生活を確保するしか選択肢がないのです。

実際、今の50才台などは数年前に大幅な減給が実施され、役職のついてない一般社員は現在のtaroと同じくらいの給料でしかありません。定年まで働かないと現在の生活を維持できないのです。

そんで不満が溜まりtaroのような中間管理職に文句をブーブー言うようになります。そんで「給料減ったんだから仕事しねぇよ」なんてセリフを露骨に言い、若いサラに給料の安い人の負担を増やしているという悪循環が起こってます。

金でしか人間は動かないのですよ。

金以外で人を動かすために、役職に付けて責任を押し付けるという方法が使われているのではないでしょうか?

――――――――――――――――――――

そこで、自分の昇給を自分で確保するには、この間の追加投資が効いてきます。

ニッセイ高金利国債券ファンド(通称スリーポイント)の初回の分配金が出ました。

約100万円の投資で8,000円が振り込まれました(^.^)

昇給額以上の分配金を毎月受けられるというのはありがたいものです。

仕事を頑張っても昇給しない時代です。

投資して金を確保していくしかtaroには選択肢がないと思ってます。

|

« 自動車の価値 | トップページ | メールがキライです(ーー;) »

コメント

四十代 負け組みにならないよう投資に精を出しましょうよ!

投稿: taro | 2008年7月26日 (土) 08時26分

これだから、40代は嫌なんだよね。

投稿: | 2008年7月16日 (水) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57190/41312185

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の昇給:

« 自動車の価値 | トップページ | メールがキライです(ーー;) »