« 気分はもう転勤(2) | トップページ | 新生活スタート(2) »

2008年4月 5日 (土)

新生活スタート(1)

筋肉痛です。

taroは就職して20年以上経過しておりますが、ずーっと通勤時間は10分程度の場所に住んでいました。

それが40才を超えてから電車での通勤を経験するとは想定していなかったことです。

通勤方法が変わっただけで、いきなりサラリーマンになったような、、、新入社員になったような感じです。

通勤では、なるべく身体に負担がかからないようにラクするようにしておりますが、普段使わない筋肉を使うようで、朝起きると身体が痛い、、、

電車で座っているにも係わらず身体が痛い、、、電車は揺れるから無意識に踏ん張っているようです。

●taroの通勤(移動)パターン

アパート→最寄の駅 徒歩10分 

最寄の駅→別の路線の駅 6分

(乗り換えで座れるように電車を一本遅らせます 10分程待ちます)

次の路線では終点まで座って行きます 45分

(座るために普通電車に乗ります。快速を使えば35分です)

次の乗り換えは10分ほどかかりました。

最後は地下鉄(満員でギュウギュウ詰め) 6分

最後の駅から会社まで 徒歩5分

合計時間は約1時間30分でした。

帰りは乗り継ぎがうまくいかなかったりして2時間かかったこともあります。

まっ、都内でサラリーマンやってる人なら普通のことでしょう。一週間で早起きにも慣れてきました。今日なんか土曜日で会社行かないのに完全に6時で活動できています(^_^;)寝てられません。

通勤が大変かというと、、、そんなイヤでもない、、、身体は痛くなったけど心に負担はありません。

40才過ぎて、初めて使う定期券、、、初めて使うPASMO、、、電車での移動、、、新鮮です、、、なんか面白い(^.^)

通勤時間を短縮するため時刻表を見て研究したり、、、駅構内の移動を短縮できないか研究したり、、、通勤途中の店を見たり入ってみたり、、、タバコすえる場所を確認したり、、、電車の中で本読んだり、、、

転勤したばかりなので、仕事らしい仕事は全くやっておりません。今のところ会社に行くこと(電車通勤)が仕事のようなものです。

気分はラクです。精神的な負担がない、、、仕事する場所と住む場所が離れていることもあり会社を出れば仕事を忘れられます。

提案ですが、

心に病を持っている人は生活パターンを大幅に変えてしまうのは、どうでしょうか?

taroの場合、今の所なんかイイですよ。

過去を捨てるって感じかなぁ(^.^)

|

« 気分はもう転勤(2) | トップページ | 新生活スタート(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57190/40770150

この記事へのトラックバック一覧です: 新生活スタート(1):

« 気分はもう転勤(2) | トップページ | 新生活スタート(2) »