« 気分はもう転勤(1) | トップページ | 新生活スタート(1) »

2008年2月25日 (月)

気分はもう転勤(2)

clover転勤することを想定してみた。転勤したらどぉするっていう想定です。

まず、思いついたのが住居!

次が通勤!

そしてスーツ!(taroは通常は作業服で働くブルーカラーです。いきなりホワイトになったら1着しかないスーツでは足りない、、、ワイシャツも足りない、、、ネクタイも一本では、、、靴も、、、靴下も、、、)

そして、どぉでもイイことかもしれないけど、何故か歯医者を思いついた。

転勤したら歯医者に行く暇がなくなるかもしれない、、、

通勤ルートにある歯医者を探せばイイんだろうけど、何故か今やった方がラクだ!という衝動に駆られた。

そんで、今日行ってきた(^_^;)予約もしないでいきなり、、、

――――――――――――――――――――

歯医者の醍醐味は歯の治療だけにあらず。taroだけじゃなく他の中年世代の男性は、きっと気づいていることと思われます。

"歯"本体の治療は大抵は男の先生がやってくれます。今回は詰め物がとれた歯を治してもらいました。なかなか、うまいです。痛くないし(^.^)

しかし、歯の治療という本来の目的のためだけに、歯医者を利用するのは勿体無い。

これからが本題です。

重要なのは歯石取りです。

歯石取りは、taroの経験上、歯科医院の中の見習い的な若い女性がやることになっているようです。

今回は推定で23才くらいのキャピキャピしたギャルでしたねぇ(←死語)マスクをして目の部分しか見えないってのもポイント高いですね。美人を想像します。

一生懸命やってくれるんですよ。中年の歯の掃除を、、、美人(ぽく見える)の若い女性が、、、

歯石取りに夢中になるらしく、無防備です(^_^;)

時々、あたるんですよぉ~、、、、

頭に、、、、柔らかいものが、、、女性の、、、

乳が!ムニュって、、、

ここで、重要なのは気づかないフリをすることです。意識的に頭を動かして乳にあてたら、気づかれます。

じ~っと我慢して、時々あたる乳を堪能します(^_^;)

歯石取りで歯茎が痛いのを我慢してれば恩恵を受けられます。まるで痛いの我慢したご褒美のように(^0_0^)

ふぅ、ふう、ふう、、、(ちょっと興奮してきました)

もぉ、一つの楽しみがあります。

口の中に入ってくるんですよぉ~、、、

若い女性の細くて、柔らかくて、しなかや指がぁ、、、、

ビニール手袋をしているとはいえ、あの感触は堪りません!

噛みたい、、、

これをやったら変態です!きっと騒がれます!もぉ二度と歯医者に行けなくなります!

これらを、じーっと我慢して、そして、乳と指の感触を楽しみます。んで、歯石も取れてスッキリです。

痛い思いをしないのであれば、歯医者は究極の癒し空間になります。

変態かもしれませんが、半年に1回の楽しみです。

※歯石取りに頻繁に行ったら怪しまれますからご注意を!

|

« 気分はもう転勤(1) | トップページ | 新生活スタート(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57190/40265474

この記事へのトラックバック一覧です: 気分はもう転勤(2):

« 気分はもう転勤(1) | トップページ | 新生活スタート(1) »