« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月 6日 (日)

不吉な予感が…

年明け早々、株価の激下げが勃発しています。

為替もヤバい…原油も…

イヤな予感が…ひょっとしたら、また大損コクのかもしれない…

そんなワケで去年のボーナスを投資にまわすのは一時様子見とします。今年は、しばらく貯蓄に精を出し、ある程度貯まってから投資を考えてみましょう(^_^;)

考えてみれば、この3~4年間は会社辞めることを第一目標として、必死に貯蓄と投資に活路を見出していたのです。

普通の精神状態だったらば、こんなに財産を増やすことは出来なかったと、今だとそぉ思えます。多分、半分も貯まってなかったことでしょう。

taroが無い知恵を絞り、必死に運用した金は、去年1年間で130万円を稼ぎ出せるようになりました。(この後も同じように続く保障は、どこにもないケドね)

去年の実績から、最低でも毎月34,000円は振り込まれています。

この不景気な世の中で、、、昇給もほとんどないような世の中で、、、ボーナスカットなど当たり前の御時勢で、、、ワーキングプアが社会問題となっている恐ろしい日本で、、、

毎月の収入が確実に34,000円増えているというのは、しかも会社という組織とは全然別の収入があるというのは、ものすごくうれしいことではありませんか?

しかも半年に1回はボーナス分配が期待できるというのは素晴らしいことじゃありませんか?

株価の下落により資産価値が下がれば、それはショックではあります。ソワソワしてきます。

でも、価値が上がることもあるしぃ、、、損切りもしたくないしぃ、、、投資信託だけじゃなく会社からの収入もあるしぃ、、、

そんなで、今ある投資信託は、元々無かったものとして、このまま放置してみます。その間に、少しでも分配があるだろうし、また金も貯まるだろうし、会社のほうも転勤とかありそうな雰囲気です。

会社辞めたい気持ちさえ無くなれば、そこそこの収入がある中年のサラリーマンは、投資など必要ないのです。

飯くえて、酒のめて、寝る場所があれば幸せなのかもしれません。

大した能力も行動力もない、能無し最低男のtaroのような人間にとって、サラリーマンとして会社から給料を貰う選択は、最も効率が良く確実な投資といえます。

今年の異動予定者のリストにtaroの名前が入ったとの裏情報がありました(^.^)

この先、どんな展開になるか、異動したからといって幸せになれるかは保障がありません。

でも、イヤな思いをして、金を貰うという情けない人生を送りたくはないんですよ(ーー;)

まっ、そんなで、とりあえず今年は貯蓄の年とします。

※途中で気が変わるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月21日 (月)

またしても大事件が…(1)

サラリーマン人生のつまづきは、いつ起こるか分からない。
(taroのことではない)
しかも自分のミスではなく、部下の怠慢で責任を取らされるとは…

人生の転落は音も無く忍び寄ってくる。

それも、ある日突然やってくる!

つい最近だけど、他の支社で大事件があった。

盗難とか横領のような個人を処罰すれば済む程度の事件ではなく、もぉ少しで、会社として責任を負わなければならないほどの重大な事件が…

もぉ少し対応が遅れれば、大量のお客さんに迷惑をかけて会社として信頼を失う…

信頼が無くなれば客離れに拍車がかかる…

当然、新規の顧客など獲得できるはずがなくなる…

倒産する…

それほどの大事件だったのです。

その事件はクリスマスの夜に起こったという…

taroの会社の工場は、どの支社でも24時間体制で動いているところが多い。

ほとんどの制御は自動化されているため、昼間にやるべきことをやっておけば、夜はかってに動いている。

当然、夜間は宿直がいる。

宿直者の役目は緊急対応とか連絡ということになるだろう。

その夜は社内でも、かなり問題があるというレッテルを貼られた年配者が宿直となった。

―――――――――――――――――――――

この大事件の真相に迫る前に、この問題がある年配者について触れておきたい。

役職定年というのがtaroの会社にはある。

評価の良い若い人を昇格させるためには、年取った役職者が邪魔という考えで採用されたものだ。

役職定年になりヒラになった人は意気消沈するようです。何もしなくなるらしい…

彼が役職から外されたのは、はっきり言って性格が悪いからということです。

事務所で毎日のように他の部署の課長と怒鳴りあうという輩だ。

昼間は事務所で平気で昼寝している。誰も文句言えないという雰囲気でした。

そんなことが連日続き、ついに制裁が下されたのです。

58歳で、もうスグ定年というのに関わらず、いきなり降格。しかも事務系の彼が工場に勤務することになった!

厄介払いってことです。

この事件の発端は、やる気のない年配の降格者が工場に来たところから始まったのでした。

全ては、どぉでもイイ人事が原因だ!

―――――――――――――――――――――

その問題ありの年寄りを押し付けられたのが、かつてtaroの部下だったk田という、これも問題ある人です。

次は、このK田について紹介しておきましょう。

taroの部下だった時には、はっきり言って仕事が出来ません。「それは、あんたの仕事でしょう!」なんてセリフをよく吐いていたものです。

「出来ないからやらない」、「やりたくないからやらない」、「出来ないとバレるからやらない」という下っ端の権限をフルに活用していた、こいつも、とんでもない輩です。

当然taroは評価を悪くしていたのでした。

評価が悪いということが分かると上司に食って掛かることもありました。

「今回ボーナス減ってましたよtaroさん」

「評価悪いなら、それなりの仕事をしてればイんですよね」

「あんたは出来んの?」

なんてセリフを吐いてましたね。

そんで、サラに評価を悪くされるという悪循環が続いたのです。

そのK田に転機が訪れました。

見方によっては気の毒な人事でありました。

工場関係の仕事が出来る人がいなくなったため、無理やりの人事でしたね。

評価の悪い彼が、本来なら、ならないはずの役職についてしまったのです。

彼の職位(能力給を決めるものです)では、その役職にはなれなかったのですが、無理やりに係長代行という役職をあてがわれ、そこの責任者を押し付けられてしまったワケです。

評価が悪いにも関わらず昇格?給料が安いにも関わらず責任者?

歪んだ人事が今回の事件を生み出したのです(ーー;)

――――――次回につづく――――――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしても大事件が…(2)

聖なる夜に、その事件は起こった。

きっと、その夜宿直だった問題年寄りは、サンタさんの夢を見ていたに違いない。

その夢は工場の異常を知らせる警報音により遮られた!

あわてて飛び起きた問題年寄りは警報ブザーを停止した。

そんで、また寝たらしい(^_^;)

約20分後に再度警報が鳴った。

問題年寄りは、またしても警報ブザーを止めただけで、また寝たようです。サンタさんの夢の続きを見るために…

※よくある警報で、特に問題ないと思ってたらしいです。確認もしなかったらしいですね。

この警報を無視したがために数時間後に重大な事件に発展するワケですよ。

実はこの時、工場が停止していたのでした(^_^;)

完全停止です…

停止した静かな工場で熟睡する問題年寄りは、朝になって大慌てすることとなります。

―――――――――――――――――――――――

事務所は、工場とはまったく別の場所にあります。

朝の6時ごろ、今度は事務所で異常を知らせる警報が作動しました。

この警報は最悪です。

もう、お終いか?ってくらい、支社長のクビが飛ぶかってくらいの、重大な事態に陥っていたのでした。

事務所で警報を察知した人は、管理職クラスに電話をかけまくります。当然、彼も大慌てだたに違いない。

そこで、やっとK田の登場となります。

異常発生から4時間後に連絡を受けたK田、、、

工場ではなく、事務所から連絡を受けた工場の責任者のK田、、、

K田1人では責任をとりきれないほどの異常事態、、、

その後の身の振り方を、警報の内容から深刻に考えたに違いない、、、

事務所からの通報を受けて工場に直行したK田は、とりあえず工場の運転を再開したのでした。

この時、問題年寄りは何もせずにウロウロしていただけです。

――――――――――――――――――――

とりあえず、最悪の事態は避けられたが…

だが、しかし、、、

―――――次回につづく―――――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしても大事件が…(3)

その事件は正月明けに全社に通知された。

通知の内容は、事故の経緯、今後の対応、最後に謝罪文章、、、

こんなバカな事故起こすんじゃない!って意味で公開されたのでした。

最悪の事態には至らなかったものの、近年稀にみる緊張感溢れる内容…

事故に至る原因になった問題年寄りの怠慢…寝てた…

(普通の神経じゃないよなぁ~)

長年、工場の仕事をしてきたtaroとしては、久々にハラハラしました。

その報告書によれば「原因は連絡しなかった問題年寄りが悪い」っていう感じの書き方でした。

だが、しかし、サラリーマンの世界では当然上司の責任が重いものとされている。

K田について考えてみた。

もし、彼が責任者じゃなかったら、会社の危機を救ってくれたヒーローになれたに違いない。

でも、彼は係長代行、、、工場の責任者(給料は安い)

ヒーローにはなれず、当然、責任を被る立場である、、、

安い給料がサラに減らされる!

当然、降格になるだろう!

今後、絶対昇格などしない!

問題を起こした人というレッテルが貼られる!

会社で下を向いて生きていくしかない!

責任者じゃなかったらば、、、

よくやったと褒められた!

評価が良くなり給料が増えた!

会社で胸をはって生きていけた!

天国と地獄ですね、、、出世しなければ給料が増え、自信を持って生きていけたんですよ。出世したがために給料が減り、自信を失うワケですよ。

上げておいて下げる!

う~ん、、、気の毒、、、かな?

ちなみに、taro個人の分析としては、人間を当てにしたK田が悪い!

問題年寄りが宿直だったという運の悪さもあるが、人間は命令に従わなかった。

機械はK田の命令通りに、ある条件が揃ったことで工場を停止した。命令に従ったんですよ。K田の命令通りに、、、

人間を当てにした制御などしてはいけない、、、人間はウソをつく、、、逃げる、、、寝る、、、部下は責任を被らない、、、上司も責任逃れする、、、

機械は命令通りに動く。ウソをつかない、、、寝ない、、、逃げない、、、主人に忠実だ!

他人を信用したK田が悪い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

どこまで下がる?

世界同時株安!

日本株は爆下げ状態!

円高はどこまで進む!

いったい、いつ止まるんだ?っと、じっくりと様子見です。

今年は、まだ追加投資してないんで、ワリと気楽に株式や為替の相場を傍観できてます。

そろそろチャンスか?と思っていると、サラに下げてくるという展開。

FXやってると(今はやってません)ソワソワして買わないと済まない雰囲気に追い込まれるけど、実は投資は長いスパンで判断すべきものなのかもしれませんね。

今買って、2年後に売るみたいな…

実は銀行で3年前に「今チャンスですよ。円高ですから外貨預金しませんか?」って、勧められました。

あの時は1ドル105円。ちょっと前に1ドル125円くらいまで上げましたね(^_^;)

これが実行出来てれば儲けられたんですよ。短期決戦ではなく長期決戦が気分も楽だし確実かもしれません。

この長期とは1年~3年くらいですかねぇ?

などと、知ったかぶりをしていますが、taroは投資に関しては素人です(^_^;)そんなに儲けていません。

―――――――――――――――

米ドルは105円台に突入

日本の株(日経平均)など一番上がった時から5000円くらい下げてますかね。

そろそろ買い時か?とっ、ウズウズと投資したい気分が盛り上がって来てます。

株の直接買いは、まだしたこと無いけど、この機会に安定した企業の割安株を買っちゃおうか?と誘惑されてます。

ひょっとしたら数年ぶりの大チャンスが訪れているのかもしれません。

またしても、株で大儲けする若者(ジェイコム男みたいなのが)が大量輩出されるかもしれないですね。

―――――――――――――――

そぉ、そぉ、今日、晩飯食いに食堂に行ったら、変なジジィが話かけてきましたよ。

カレー食ってたら、「えっ、ここカレーあんの?」なんて酒飲みながら話かけてきます。

「はい、うまいですよ」とっ、答えるとクドクド同じ話を繰り返してました。

んで、

株で損しちゃってよぉ。旭化成持ってんだけど、一週間で50万も損しちゃったよ」

「酒飲まないと、気になって眠れないんだ」

なんて愚痴をこぼしてました。

ひょっとしたら老後の生活資金を株に賭けてたのかもしれません。

生活費を投資で稼ぐというのはリスクが多すぎます!

せめて生活費の半分を投資から、、、残りは年金、、、っていうのが理想的ですね。

えっ、ちょっと待てよ(ーー;)、、、、、とっ、いうことは、、、

taroの年代だったらば、、、

投資からの収入が半分、、、残りの半分は会社からの給料、、、

って、ことかな?

会社、辞めれねぇじゃないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

ラテマネー(1)

ラテマネー

という言葉を最近知りました。まっ、日常的に使ってしまう無駄な金のことですね。

「自動的に大金持ちになる方法」という本の紹介に使われてた単語です。

いろんな便利なものが売られている現在では、ラテマネーと気づかずに使っている場合が多いようです。

ごく普通に買うのが当たり前って感じ、、、

ムダな支出を減らせば、残る金が増える、、、確かにその通り、、、

当たり前のことなんですが、なかなか実行できないものなんですよ。

※この本「自動的に大金持ちになる方法」はまだ読んでません(^_^;)

―――――――――――――――

そこでtaroのラテマネーを検討してみた。

自分で自覚している最も大きなラテマネーはタバコです。

身体にも悪い、、、金もかかる、、、

一日、一箱ペースで消費しております。

一箱300円、、、土日も関係なく吸いますから、月300円×30日=9000円にもなります。

年間だと300円×365日=109,500円になっちゃいましたよ!

大変だぁ~!

投資で年間11万円を稼ごうとすれば、taroだったら100万円以上の種銭が必要となります。

―――――――――――――――

更に、会社にいると、ついやるのが、10時と3時の休憩時に缶ジュースを買っちゃってます。

100円(会社の自動販売機は利益が出ないように安くなってます)×2本×20日(出勤日数)=8000円ですよ~

年間だと100円×2本×250日=50,000円

年間の生命保険料とかわんねぇ(ーー;)

―――――――――――――――

タバコも缶ジュースも、中年の脂ぎった身体には絶対良くない。知っていながらつい続けてしまいます。

そこで、タバコは現在は止めれないので(^_^;)とりあえず、缶ジュースの節約を試みてみました。

麦茶です。水に浸けておくだけで出来るパックです。これが、250円で54パック入りでした。

1リットルが5円以下という計算になります。

いつまで出来るかわからないけど、とりあえず実行してみます。

冬に冷たい麦茶ってのは寂しいものですけど…

今度、温めてみようかな(^_^;)

―――――次回につづく―――――

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »