« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月 2日 (日)

家を考える(2)

最近、会社の若い人が家を買ったという話をヨク聞く。

taroのいる支社でも30代の結婚したての若い人が、家を買おうとしています。

まずは、どこに住めばよいか?などと新聞の広告をチェックしていました。

彼に言わせると毎月アパート代を払っても最後には何も残らない。

アパート代と同じくらいの金額を払えば、アパートより広い家に住めるし、支払いが終わって最後には土地と家が残る。

老後に住む場所も確保できる。

という、まるで不動産会社の回し者か?というような言い振りでした。

確かに全て正しいし、反論の余地はありません。

taroが

「家なんて買ったら定年までローンを払わなきゃならないぞ。やめとけ。」と言えば

「taroさんはアパート代を会社に負担してもらってるから、そんなこと言えるんですよ」と切り返される。

「taroさんは定年になってもアパート暮らしするんですか?」

「………」(するかもしれない(^_^;))

だが、しかし、本当にアパートに住むより家を買ったほうが得なのだろうか?と考えると、taroの場合は過去の経験とか現在の資産状況など考えて、、、

「やっぱり、買うべきじゃない」と若い人には言っちゃいます。

―――――――――――――――

彼らが家を欲しくなったり、買ったりするのはほとんどがこんな事情です。

・結婚したけど嫁が親と同居するのがイヤ

・上の理由で仕方なくアパートを借りている

・子供が生まれてアパートじゃ狭くなった

・嫁も働いていて収入が多い

・家のローンを払ったとしても生活に支障がない

―――――――――――――――

この場合は、現在と同じような生活や仕事が定年まで続くと仮定した場合には、家を買うことは全く問題がないと思われます。

明るい未来を信じる若者には申し訳ないけど、無理やりにでもリスクを考えてみました。

―――――――――――――――

・夫か妻、どちらかの収入が無くなっただけでローンの支払いが難しくなる(推定、月7万円の支出)

・ローンを組むことにより定価よりかなり多いお金を払うことになる。

・ローンの支払い分を毎月貯金して、それを運用するという選択肢がなくなる。

・ローンの支払いのため会社にしがみ付かなければならなくなる。

・家を買うことにより会社からの収入しかないことになる。

・会社が潰れることだって絶対にある。(企業の寿命は30年という説がありました)

・会社を辞められなくなる。

・住む場所が固定されるため転職等の選択範囲も狭くなる。

・最大のリスクは離婚ですかね、、、

・現在の愛が永遠に続くはずがない。

・妻も子供のいなくなった広い家に住まなければならないのは苦痛じゃないだろうか?

・養育費を払いながら家のローンも払えるのだろうか?

・慰謝料代わりに家をとられたりして(ーー;)

―――――――――――――――

まっ、勝手にtaroなりの言い分を書かせていただきましたけどtaroが家を買わない理由は、こんなもんです。

家を買う金があるんなら投資しろ!

投資からの分配金で家のローンを払え!

↑taroはやる気になれば、この選択ができます。ただし、会社を辞めないという条件付きとなります。

家を買ったら会社辞められなくなるよ!

だから買わないほうがイイよ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

せこい節約

せこい積み重ねが大きな節約につながるのでしょうね。

せこいとはイイながらも、結構な節約です。多分、通常より4%くらいは安くあがっています。

クレジットカードを使えば現金で払うより安くあがるというのは、かなり知られていることです。taroが使うmastercardも現金で買う金額より1%割り引かれています。

これだけでは、そんなに安いという実感はわきませんが、とりあえずカードで支払えるものは出来るだけカードで決済するように切り替えています。

これは転勤とか多いため、銀行の口座から引かれるようにしていると、引越しのたびに手続きをしなければならないという、煩わしさからはじめたことでした。

カード払いにしておけば、カード会社から引かれる銀行口座を変更するだけで良いからシンプルです。

インターネット代とかも1%割り引かれています。

わずか1%なんでホントに実感ないです(^_^;)

んで、最近気づいたんですがtaroはamazon(インターネットのデパートみたいなもの)でアフィリエイトをやっています。

taroのサイトを通してamazonに移動して買い物をしてもらえば、その売り上げの3%~5%がtaroの取り分として貰える仕組みです。

この仕組みが、なっ、なんとぉ、

taro本人がtaroのサイトを通してamazonで買い物しても適用される!

こんな簡単なことに最近気づきました(^_^;)

クレジットカードの割引とamazonからのキャッシュバック、、、合計で4%~6%安くあがります(^.^)

amazonは、本・CD・DVD・家電などが豊富に揃っています。中古までありますから、欲しいモノは、ほとんどamazonで入手できます。

後は、保存がきく食材など扱ってもらえれば文句ありません。

まっ、せこい節約の紹介でした。

※送料を無料にするためには1500円以上の買い物をしなければなりません。無理やり買い物をすると節約になりませんから注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

ビバ!ボーナス☆

サラリーマンの醍醐味はボーナスにある!

12月は会社からのボーナスに加え投資信託からもボーナス分配があります。

サブプライムショックでボロボロになったtaroの心が癒されていきます(^.^)

ボーナス月(6月と12月)だけは会社辞めたいっていう気持ちがなくなります。

この醍醐味を味わってしまったがために、ズルズルと会社に居つづける人が日本全国に大量に存在している(推定4000万人くらい)ことから、ボーナス制度を考えた人は天才では?って思いますね。

ボーナスは社員を会社に縛る鎖の役目もはたしています。

taroが信じている

金があれば幸せ」「世の中金が全て」「金で幸せが買える

という理屈はかなり正しいと確信します。

寒い冬を乗り越える勇気が湧いてきます。金は心を暖める最良のツールであることは間違いありません。

そんなワケで今年の投資の分配金を集計しました。

――――――――――――――――――――

     ピクテ・グロイン     世界家主倶楽部     ドイチェ

1月     11,746円         13,082円

2月     15,904円         13,082円

3月     219.913円         13,082円

4月     15,904円         13,082円

5月     15,904円         13,082円

6月    318,080円         187,509円

7月     15,904円         13,082円

8月     15,904円         14,535円

9月     88,350円         14,535円

10月    15,904円          14,535円

11月    15,904円          14,535円        4,000円

12月   212,040円           14,535円                 4,000円※予想

  

12ヵ月合計                1,321,133円(税引き後)

月平均                          110,094円

――――――――――――――――――――

まっ、こんなもんですかね?

欲を張ると大損コキそうですから、taroのような普通の人間は、これで満足しているべきでしょう。

世界家主倶楽部はサブプライム以降元気ありませんから、これはしばらくあてにしないことにして、次なる投資先を開拓するべきですね。

そんなで、来年も投資に精を出し、一刻も早く会社辞められるように邁進していきます。

やっぱ世の中金だよ、金!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »