« 家を考える(1) | トップページ | 家を考える(2) »

2007年11月30日 (金)

うつ病者のその後のその後

ついにこうなったかぁ、、、

この間taroの会社は、うつ病者に甘いなんて書いたけど、ついに恐れていた事態に発展しましたよ。

taroのいる支社にうつ病でもどって来た○田という男がおります。

転勤先で出社できなくなり出戻った人なんだけど、転勤要員で総合職でした。

そこで彼に対しての周囲の評判は、、、

総合職手当15000円を毎月もらっておきながら専門職と変わらない仕事しているのはおかしいんじゃないか?

もう、転勤しない人なのに会社が借り上げ社宅を与えているのは、どうして?

オレ達は手当て貰ってないし、自分でアパート借りているぞ!

病気だから割り増しの手当貰えるの?会社がアパート代を負担するの?

という、病気の者に対してはきつい反応です。

○田の存在を許すということは仕事の見返り=給料という考え方をすれば矛盾するのも事実です。

能力給とか人事考課を考えれば、当然Yは専門職に落ちてもらわなければならないワケですよ。

それをしないと給料制度が弱者に甘いと、なめられることになります。

ついに会社が動きました。

というワケで○田は専門職に落ちて総合職手当はパァです。

アパートも自分で借りなければならないから、トータルで推定10万円ほど手取りが減ることになりました。

わざわざ辞令を社内でだけ閲覧できる掲示板にまでのせ、、、

まるで見せしめのように他の社員に対してアピールして、、、

そうなることが必然とは思うけど、やり方考えた方がイイんじゃないの?とっ、いうくらい酷い仕打ちでしたね、、、

Yに対して多少の哀れみのようなものを感じ、組合でもかけあってました、、、

当然、会社は取り合ってはくれませんけどね、、、

そんなことがあって少し過ぎたら大事件が勃発したのです。

会社のレジから10万円が消えていた、、、

夕方の5時頃にレジの中のお金を確認したら10万円足りない、、、

これは平日の昼間にあったことです。事務所内には常時社員がいるから外部から誰かが侵入していないことは明らかです。

明らかに内部の人間による犯行、、、

この件に対しては、所長が自腹を切り何も無かったことにしておりましたが、、、(所長としては本社に報告して自分の評価を落としたり、何だかんだ言われてイヤな思いをするよりはマシという判断だったようです)

犯人は誰だ?

犯人は金に困っているヤツだ!

それは誰?

○田か?

という黒い噂が出てしまいました、、、当然、誰もがそぉ考えますよ、、、

証拠もないのに犯人扱いは出来ません。入金が10万円間違ったということもあるし、、、

※窓口の女の子は大泣きしてました。

こんなことがあって数日過ぎたら、こんなことがありました。

先週、休日出勤してたらYも出てました。昼飯なに食べるという話をしていたら

「オレ1000円しかねぇよ」○田

「1000円あれば昼飯買えるよ」taro

「昼飯食ったら残り300円とかになるじゃん」○田

結局Yは昼に何も食べず午後の仕事に出かけていきました。

でも、昨日給料日だったはず?

もぉ金ないの?

そんなに金に困ってんの?

今回の専門職への異動により小遣いなしになったのでは?

金が無くなったら夫婦仲が冷えた?

などイロイロと妄想してしまいました。

でも、会社の金に手をつけるのはヤバいって!

懲戒免職になったら退職金も貰えないぞ!

女の子泣かせんなよ!○田!

決して断定はしませんが○田が、、、

最近、会社で喋んなくなってるし、、、

|

« 家を考える(1) | トップページ | 家を考える(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57190/17234992

この記事へのトラックバック一覧です: うつ病者のその後のその後:

« 家を考える(1) | トップページ | 家を考える(2) »