« うつ病対策? | トップページ | 散財の日々(2) »

2007年10月 6日 (土)

散財の日々(1)

思うことあってパソコンの入れ替え作業中です。【かなり悔しい思いをしました。これは後で紹介します。】

今更ですがwindows2000からwindows VistaにOSの入れ替えをしました。

まっ、今までは別にwindows2000で困ることもなかったし、まだマイクロソフトもサポートしているしで、windows2000をガンガン使いこんでいたのですが、そろそろ新しいものを取り入れていかないと世間についていけなくなっているのでは?このままでは化石オヤジになるのでは?とっ、感じる事件があったのです。

(事件の内容は後で紹介します)

taroがwindows2000を使い始めたのは今年の正月からです。理由はwindows MeでYahoo動画が見れなかったということで、そのMeを使ったのも、windows98のサポートが終了してからでした。

taroは性格的に困ったことがなければ、そのまま使い続けるという無精者です。

新しいもの好きではありません。

秋葉原に行けば古いOSでも安く入手することが出来るし、パソコンのスペックが低くても軽快に動くんで最近のOS(XPとVista)は敬遠していたのでした。

windows2000で困ったのはmediaplayerのバージョンが古く「無料テレビのGyao」で見れない映画があったことぐらいですかね。

とりあえずアップグレード版のwindows Vistaを買ってきてパソコンに入れてみました。

とりあえず動いた。見た目も格好イイ。

「よさそうじゃん!」

だが、しかし、立ち上がりに時間がかかりすぎる!

画面をスクロールすると残像が残る!

レスポンスが悪すぎる!

すぐにメモリーを買い足したのでした。512Mbから1.5Gbに容量アップです。

【taroのパソコンは3年前に自作したものでcpuがceleron2.6、メモリーが512Mb、ハードディスクが100Gbという構成です。windows2000を動かすには十分すぎる性能でした】

ここでスデにwindows Vistaが14000円、メモリー1Gb買い足しで12000円の出費です。

メモリーを買い足したところ、とりあえず立ち上がりは抜群に早くなりました。立ち上がりだけは、、、

「これが噂に聞いていたVistaはメモリーが最低1Gbは必要ってやつか」などと関心していたのですが、動きは相変わらず遅い!

そこで今度はcpuの載せ替えです。

秋葉原で中古のPentium4 3.0GHzを入手しました。

pentium4は9000円しました。

cpuの載せ替えで動きはスカスカに早くなりました。感覚的には10倍くらいは早くなったように感じます。

「さすがpen4!まだまだ現役だぜ!」と関心しながら使っていたのですが、なんか足元が暑い?

パソコンの本体から熱気が溢れているではありませんか!

「これも噂に聞いていたpentium4は発熱がすごいってやつか」

また、秋葉原に行きました(^_^.)

どうせならと直径が15cmほどあるcpuの冷却ファンを購入です。ついでなんで、グラフィックボードの冷却ファンとハードディスクの冷却ファンと本体からの排気用のファンも購入です。

冷却ファンは総額で11000円になります(^_^;)

冷却ファンを計4個を増設して、熱の問題は解決されました。若干、音が気になるのが難点ですね。

動きは軽快!発熱問題も解消!

これで使えるようになったか?とっ、思っていたら、またしても問題が発生、、、

――――長くなったんでいったん終了―――――つづく―――――

|

« うつ病対策? | トップページ | 散財の日々(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57190/16676437

この記事へのトラックバック一覧です: 散財の日々(1):

» misonoブログ [misonoブログ]
misono 神田美苑 ミソノ 歌手 女優 バラエティー 画像 動画 映像 写真 ヌード セミヌード エロ アイコラ 彼氏 結婚 妊娠 流出 五十嵐充 玉置成実 たかの友梨 よゐこ 鈴木えみ 倖田來未 姉 妹 [続きを読む]

受信: 2007年10月 6日 (土) 16時17分

» お正月も二日目になると、おせち [おせち料理はやっぱり・・・]
お正月も二日目になると、おせち料理も蒸したり煮なおしたりと手を加えなければならなくなります。今では冷蔵庫で保存することが出来るようになりましたが、江戸時代や明治時代などは保存方法がないため、冬だといっても、すぐに火を通すなどして手を加えなければなりませんでした。おせち料理を重箱に詰めるという風習は、最近になってできたもののようです。中には、重箱には詰めずにそれぞれの料理をお皿のままで食すという家庭もあるようです。おせち料理を重箱に詰める理由の有力なものは、デパートのおせち料理...... [続きを読む]

受信: 2007年10月 6日 (土) 16時43分

« うつ病対策? | トップページ | 散財の日々(2) »