« 損した反動か? | トップページ | 原点に帰れ! »

2007年10月27日 (土)

給料を考える

taroのような落ちこぼれ転落サラリーマンが言うのも変だけど、、、

サラリーマンの給料を考えてみました。

taroは今いる会社に入ってから20年以上経過しています。毎年少しづつでも昇給はしていますから、かなり良い会社です。

給料からの収入は年間で手取り500万円に達している。税引き前は600万円を超えています。

600万円を時給換算してみる。

年間の出勤日数は259日(有給休暇を除く)

600万円÷259日=2.3万円

2.3万円÷8時間=0.29万円

なんと、サラリーマンtaroの時給は2900円にもなってしまった。こんなスゲェ時給まじめにアルバイトしている人には考えられないことと思われます(-_-;)

サラリーマンの給料とは、その年齢に必要と思われる平均的なお金を、その会社の業績に応じて支給しているものと考えられます。

だが、40代の中年世代の平均とは、ちゃんと結婚していて子供の教育費がかかる世代という想定のもとに算出されているのではないだろうか?

さらに持ち家があって、住宅ローンに支払いが大変だという前提ではないだろうか?

taroのように独身で(結婚したことはある)持ち家もなくてという前提は想定していないはずです。

会社でお茶を飲んでいても、新聞を見ていても、インターネットを見ていても、トイレに入っていても、時間当たり2900円も貰えている(^_^;)

実際は有給休暇が毎年20日あるから、もっと高いことになってしまいます。

サラリーマンを辞めて、この時給を確保できるかというと、かなり難しいことでしょう。

通常の平均的な生き方から外れているtaroのような人間にとって、サラリーマンの給料は格別なものじゃありませんか!

※意図的にこんな人生になったワケではありません。念のため、、、

―――――――――――――――

さらにtaro本人が他の社員よりも得している部分をあげてみます。

仕事が出来ないにもかかわらず役職手当を貰っている。

転勤するということで総合職手当を貰っている。

役職手当と総合職手当で合計 月30000円になります。

借り上げ社宅を支給されている。まともに借りれば月50000円の物件を5240円しか払っていない。

仕事が出来ないと周囲もわかっているから仕事しなくてもヨイ雰囲気になっている。

会社でボーッとしている時間でも自給2900円

役職がついてるから部下を使うことが出来る。(この場合は自分が出来ないことを部下に押し付けています)

―――――――――――――――

給料だけ考えればオレってものすごく得してない?

|

« 損した反動か? | トップページ | 原点に帰れ! »

コメント

会社勤めのいいところを考えるのは、健全だと思います。
私は、根がマイナス思考なのか、会社への不満ばかりをためこんでいました。
また、俺はあいつよりやってるのに・・とか、人と自分を比較しはじめたらだめになりますね。
マイペースでのんびりやるよ~、給料はちょっと多めだけどね~と思えたらいいんですけど。
私は思えませんでした・・・。

お金があり生活の心配がなく、ストレスなく仕事がしたい。・・と思って、私はお金をため、気ままなパートで働いています。

投稿: しょう | 2007年10月28日 (日) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57190/16891814

この記事へのトラックバック一覧です: 給料を考える:

« 損した反動か? | トップページ | 原点に帰れ! »