« 人事考課(1) | トップページ | 現在の資産を考える »

2007年10月31日 (水)

人事考課(2)

taroの面接は何気なく始まった。いつやるのかな?と、期待していたわりにはあっけなかったな。

別の用件で上司との会話の後

「ところで、人事考課の面接だけど、、、」とっ、ついでのようでした。上司もあまり乗り気ではないようです。←だれもがやりたくないものですよ、こんな下らない仕事。

「来年は異動を希望するってことでいいのかな?」上司

「はい、もう今の部署にはいたくありません」

「うん、わかった。聞かれたら、そぉ言っとくけど、何でもかんでも出来る人なんかいないって」上司

「メインの業務が出来ないから、しょうがないじゃないですか」

「いや、ここでは、それを出来なきゃならないけど、他は違うから、、、」上司

「他のメインの業務はやったことありませんから、それこそ出来ないじゃないですか。」

ははは、、、で、何やりたいんだ?」上司

「はい、庶務がいいと思ってます。向いてるでしょ?今もそんなことやってるし、、、工場で仕事してた人は、みんな落ちてるでしょ。オレも落ちべきですよ。」←なぜかtaroが長年やっていた工場の仕事で上がった人は、みんな落ちている、、、

きっと、taroと同じパターンに違いない、、、

「今のグループの仕事を長年やっている人を上げるべきですよ。よそから来たtaroを上げておいてどぉするんですか?」

「でも、taro君あたまイイじゃん。文章うまいし、、、」上司

「ははは、、、頭はイイですよ。でも仕事できるとは別ものです。」

「そうかな、かなり助かってるけど、、、もったいない、、、」上司

こんな、どぉでもイイような世間話が面接でした、、、

ところで、今回のボーナスの査定は、どぉなるワケ?

肝心な話は、してないような気がするけど?

いったい、どんな評価してくれるんだよあんた

面接のやり方は人それぞれだと思うけど、「あなたは、こぉだったから、こぉいう評価だ!」って言うべきじゃないの?

なんか、逃げてる気がする?

|

« 人事考課(1) | トップページ | 現在の資産を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57190/16936387

この記事へのトラックバック一覧です: 人事考課(2):

« 人事考課(1) | トップページ | 現在の資産を考える »