« 会社を辞めるには その25 | トップページ | 復活のtaro! »

2007年6月24日 (日)

生き残るための節約 その14

暑くなったら節約です。

もぉスデに暑い→食欲がおちる→特に飯を炊きたくない(暑いから)→ラーメンも食いたくない→涼しいものが食いたい→自炊で出来ることは?

っと、考えながらスーパーを物色していたら、いいメニューがありました。

そうめん、ひやむぎが山積みで売られています。しかも安い!

100円で5食はいけるというリーズナブルな商品です。常温で保存が可能というのも独身自炊派男性には魅力的です。

これを麺汁で食べます。

これだけだと、どぉ考えても栄養的に問題がありそうなので、豆腐を買って冷奴にしました。(豆腐を切るだけです)

一丁29円とかで売ってる時あります。

そうめんも冷奴も薬味だけは毎日変えて楽しんでいます。

でも、まだ何か足りない気がするんで、まだ涼しい食品は無いかと探してみたら決定版を見つけました。

果物の缶詰と果物をゼリーで固めているやつ(商品名はわかりません)これも100円くらいで売ってます。パイナップルとかモモとかミカンですね。

普段、果物をほとんど摂取しないtaroには効果てきめんでした。便通が、すこぶる快調です。腹の中がきれいになる気がします。

この食生活にはダイエット効果があるようで、さらに腹がへこんできました。

節約だけが目的じゃないけど、自炊をはじめたら、自力で生きていける自信(?)みたいなものが出てきます。冷蔵庫の中身が少なくても、あるもので工夫して食べるということが出来るようになりました。

金がなくても生きていけるっていう自信のようなものです。

サラリーマンを長くやってると、仕事が忙しいとかって理由づけして、仕事以外の家庭の雑務とか生きていくための基本的なことをやらなくなるように感じます。

んで、そおいうことは金を出せばラクに出来ちゃう、、、

そのうち、そおいうことを自分でやる気も無くなる、、、

金だして、やるのが当たり前という感覚になる、、、

そんで、金を稼ぎ続けなければならなくなる、、、

必要以上の金がなきゃ生きていけなくなる、、、

このサイクルにはまったら、ナカナカ抜け出すのは難しいようです。

これをやらないで済むのは、いまのところ田舎暮らしぐらいしか思いつきません。

|

« 会社を辞めるには その25 | トップページ | 復活のtaro! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57190/15539541

この記事へのトラックバック一覧です: 生き残るための節約 その14:

« 会社を辞めるには その25 | トップページ | 復活のtaro! »