« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月 1日 (金)

不祥事(その2)

接待費に廻した?

本当かよ?この犯人は金回りがイイと評判の人でした。後輩に気前ヨクおごっていたそうです。

どこまで本当か分からないけど、この不祥事は、はっきり言ってバカです。

お客さんを接待してガンガン金を使う、酒をいっしょに飲んで仲良くなる。こんな営業は、どこかで破綻します。

でも、やってる人は本気で正しいと信じていたらしいです。んで、金が足りなくなって悪さをした。

■その手法は単純でした。

架空の工事をでっち上げる。

工事をしたことにして、会社から業者に工事代金を振り込む。

会社が振り込んだ工事代金を、業者から担当者が貰う。

貰った金は接待費として使い本当の仕事を貰う、、、

架空の仕事で金をくれた業者に本当の仕事をまわす、、、

これを繰り返していたらしいです、、、

確かに仕事としてはサイクルが出来上がっていて、かなり成績も良かったらしいです。

でも、工事やってないんだから、いずれはバレるんですよ。

バカだねぇ~

証拠残しすぎ!つっーか仕事した証拠がない!

でっ、当然、退職でした!

このやり方でまずいのは会社が損しているって部分です。やりもしない工事代を払わされたら誰だって怒りますよ。しかも、その金で酒飲んでた!(本人は仕事していたつもりらしい)

その金の一部は、当然自分用にも使われていたと思われます。

■taroがやった似たようなヤリクリは

taroのミスにより追加の工事が発生した。

これ以上金は出ない。上司も知らん振りしていた。

困ったtaroは「来年払うからやってくれ」と業者に泣きついた。

taroのミスは業者が被ってくれた形になった。

んで、恩返しとして、その業者に来年分の仕事を大量に発注するように仕向けた。

taroのミスを被ってくれた分以上を、その工事代に上乗せしてもらった。

来年分の仕事が終わり、少し多めの工事代を払い、何事もなく終了した。

このやり方だと一応仕事はしてるんで簡単にはバレない。

ちょっと高いんじゃないか?という疑惑を持たれたことはあったが、それ以上の追求はなかった。

多分、情状酌量の余地ありってことで、見逃してくれたんだと思います。(ヤリクリに気づいた人も過去に同様なことをしているものと想像します)

ここで重要なのは、通常の業務の流れから外れないということ。その中でのヤリクリならば、許してもらえるように感じます。

更に、ミスしたことで追加分を払ってくれなどというみっともない書類を出さないで、しかも上司も知らないところで、部下がかってにうまくやってくれた。という部分が見逃しにつながったのだと思います(~_~;)

上司の顔を立てる!

これがサラリーマンの処世術じゃないでしょうか?(ちょっと違うか?)

でも、このときは金払うまでドキドキでしたよ。神経擦り減りました。

ヤリクリしても自分が儲かってはいけない!

これがポイントですね。

自分が儲かった場合には退職になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

世捨て人?

世捨て人の庵というサイトが好きです。

よく見に行くんだけど、参考というか手本にしたくなるくらいの生き様です。taroが目指す生き方を実際にやっていると言ってもいいくらいの素晴らしい人です。

世捨て人の庵の管理人AZMAさんは、普通に勤めていた時期もあった人ですが、会社を辞めて自転車で日本一周した後、フリーターみたいな仕事をして食いつなぎ、最近は仕事も完全に辞めて、株のトレードで食っているようです。(年齢はtaroよりも上で47歳くらいのようです)

超リスキーな選択のようにも見えますが、生活コストは出来る限りおさえて、得に不自由なく自由に暮らしているように感じます。

資金運用についてはtaroとしては「僕はこうやってるよ」みたいなアドバイスをしたくなりましたが、メールは受け付けてない、言いたい放題のサイトでした。

メールアドレスを公開すれば、多分「おまえは間違っている」という苦情が殺到する恐れがある過激な内容ですね。(でも好きです)

資金運用のやり方とか、AZMAさんの生き方はtaroとも食い違う部分がありますが、人に使われない、人を使わない生き方という思想には共感が持てます。本当にこんな生き方している人がいたんだっていう感動がありました。

世捨て人の庵 ぜひ、一読をお勧めします。AZMAさんのコラムがメインの、かなり読み応えのある作品となっております。

でも、taroとしては世を捨てる気はありません。

世間とは関わっていたい。でも、会社とか仕事とは関わりたくない。会社をあっさりと辞めて、「そりゃ大変だね」と人事のように言いたい。

仕事してないで、好きなことしてブラブラしているようだけど、他人には迷惑をかけてない。そんで、ストレス溜めないで、好きな本読んだり、行きたいところに好きなときに行って好きなだけ滞在して、忘れたころに実家に戻ってたり、または第二の秘密基地のような場所に潜伏したりして、「あいつ、いったい何者?」とか言われて、でも、他人には害が無い。

そんな人間になりたいと思ってます。(これは、ひょっとして世捨て人か?)

名作アニメに例えるならば「ムーミン」に出てきた「スナフキン」のような存在?あっ、でもムーミンのように冬眠したいという気持ちもあります。

子供このころはアニメとか漫画に熱中して、その登場人物のように自分もそうなりたい。とか、そんな作品を自分も作りたいという夢がありました。

なんだか、夢を捨てたおぼえはないんだけど、夢を忘れて世間並みに生きる選択を、いつの間にか、気づかないうちにしていたようです。

どぉして、こうなったんだろう?

子供のころの自分は、こぉなりたいなんて思いもしなかったはずです。

自分がなりたいものになれなかった?

そんな選択をしていたことにも気づかなかった?

人生の分岐点はいつだったんだろぅ?

多分、就職だ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

仕事ってなに?

自己満足のための仕事では?

taroは入社から20年ほど、工場の仕事をしていました。

時代が変わり工場は停止→当然工場の仕事がない→taroは別の部署に配属→役立たず→会社辞めたい、、、

前にも書いているけど、こんな経歴があります。

そんで、そのやったことのない部署で、一応役職がついて、いばってはいないけど、一般社員より多めの給料を頂いています。

(これがキツイんですよねぇ…)

そこに今年ワーカホリックの上司がやってきたのです。

自分の部署を客観的に言うのもおかしいけど、どおみても「やらなくてイイ仕事ではありませんか?」と言いたくなるような仕事が多い。

今年きた上司は「よその支社ではやってるから」と今までやっていない仕事を増やしていきます。

「これやって」とか上司に言われるから、しょうがなくやってるけど、「これワザワザ仕事を面倒くさくしているだけじゃありませんか?」と言いたくなります。

入社から約30年も同じ仕事をしている人は、その道のプロと自負しているようで「過去にこんなことがあったから必要だ」とか考えているようです。

「これをやってればイザって時に便利だ」とか、、、

そんなことを繰り返した結果、仕事の意味が判らなくなりつつあります。

なぜ、それをやらなければならないのか?

これ、いつ必要になるんですか?

なぜ、よその支社でやってるから、ここでもやらなきゃならないんですか?

し・か・も・・・彼はパソコンオタクだった!

し・か・も・・・彼はCAD(製図用のソフト)が大好きだった!

なぜ、それをパソコンでやらなきゃならないんですか?

このデータの更新は誰がやるんですか?

なぜ、こんなモノまでCADで作るんですか?

この仕事、あなたがいなくなったら誰もやらないんじゃないですか?

やらなくても困らないんじゃないですか?

どぉやら仕事ってのは仕事好きな人が無理やり増やし続けてきたものらしい。

し・か・も・・・人によって仕事の好みが違うため、上司が代わるたびに仕事が増える傾向にある。

さらに・・・その仕事の意味が忘れられている・・・それをやることが目的になっている・・・なぜ?

上司が満足するために仕事があるってことじゃないですか?

仕事をワザワザ難しくすることで自分の価値を高めているだけじゃないですか?

他の人に自分の仕事が難しいって思わせるために仕事増やしているだけじゃないですか?

仕事って、いったいなに?

誰のための仕事?

自分の存在をアピールすることが仕事なのでは?

などと、上司が代わったことで考えてしまいました。

だんだん仕事を無意味なものと思えるようになってきました(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

もぉ辞めれるかも!

もぉ、完全に安全圏だよ!辞めれるよ!

やくやったピクテ・グロイン!

天晴れ世界家主倶楽部!

taroが持っている投資信託「ピクテ・グロイン」と「世界家主倶楽部」の6月の分配金が発表になりました。

ピクテ・グロインは1万口あたり600円、世界家主倶楽部は645円と、期待通りの活躍です。

そんで、今年の分配金をまとめてみました。

――――――――――――――――――――

     ピクテ・グロイン     世界家主倶楽部

1月     11,746円         13,082円

2月     15,904円         13,082円

3月     219.913円         13,082円

4月     15,904円         13,082円

5月     15,904円         13,082円

6月    318,080円         187,509円

6ヵ月合計                     850,370円(税引き後)

月平均                          141,728円

――――――――――――――――――――

もぉ、これだけで暮らせる、、、、食ってけるよぉ~(T_T)、、、

これにプラスしてFX(外貨証拠金取引)からのスワップもあります。

今は月95,000円ほどになってるから、投資信託の分配と合計すると

不労所得の月平均は24万円ほどになりますよぉ~~~

使い切れないってば!おつりがくるって!taroの生活スタイルなら月10万円以上は残るってば!

そんで、それをまた投資にまわしてサラに収入を増やす!

くっうぅ~、、、仕事をほされてから苦節3年。やっとここまでこぎ着けました!

この後の計画としては、投資信託の分配金は、はっきり言って人任せ、による部分が大きいため別の投資先を開拓するってことですね。

それでも投資信託は年利10%以上は期待できますね。

やっぱFXかなぁ。できれば、これもリスク分散の意味で別の通貨を増やすべきなんだろうなぁ、、、

FXは全て自分の判断によります。リターンも多い分、神経もスリ減ります。リターンはひょっとしたら年利100%くらいになりそうです。

金の運用方法で悩むなんて5年前のtaroからは想像できないことです。

そぉいや5年前は仕事浸りの毎日でした、、、

何トチ狂ったのか「どぉにかして会社をヨクしてやろう」なんてバカなこと考えてましたね、、、

人生転落、もぉ、お終いって思ってたけど、これがなきゃ投資なんてしなかっただろうし、自分の今までとか、今後の人生を本気で考えれなかったと思う。

案外、taroの人生イイ方向に進んでるのかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

会社を辞めるには その24

大儲けです!

FX(外貨証拠金取引)が大ブレイクしています。

最初に買ったNZドルが10円も円安に進み、ソロソロ爆下げする予感もあり、そんな世間の噂もありで、ついに残ったNZドル全てを決済しました。

27万円ほど利益が出ましたよ(^.^)

こんなに簡単に儲けれて本当にイイのでしょうか?なんか罪悪感を感じたりしています。

やっぱ勤労は美徳じゃないですね。労働しなくても得できました。勤労しても儲けれませんって。

でも、儲けたことによる罪悪感は、きっと勤労は美徳という神話を頭に刷り込まれているからかもしれません。

そんでtaroの目的はスワップでした。

NZドルのような高金利通貨を売ってしまい、次なに買おうかと悩んでしましたが、比較的安く感じた米ドルとユーロ、豪ドルを買い足したのです。

そんで、買ってから気づいたけど、NZドルは安く買えるワケでして、他の通貨だと利益分の27万円足しても、そんなにいっぱい買えないんですよ。しかもスワップはNZドルにはかないません。

他の通貨を買い足した後のスワップの合計は、NZドルを売る前とあまり変わりません(-_-;)

とっ、いうことは利益を確定して資産が増えたにもかかわらず、毎日もらえるスワップは変わりなしという無意味な状態です。

しかも、含み益は激減しています。

なんか、何もしないほうが良かったんじゃないかと後悔しています。

まっ、それでも複数の通貨の組み合わせにより、リスクは軽減されている感じはありますね。(ユーロが下がっても米ドルが上がるとか、、、豪ドルは横ばいとか、、、)

ちなみに4月以降、FXに自己資金150万円投入して現在の口座の時価は260万円を超えています。4ヶ月で110万円も儲けた、、、って、ことです。(現在全てを決済すればです)

スワップは毎日約3300円です。月約10万円になりました。

どぉ運用していけば得か?楽か?と考えてみると、やはり買ったらそのまま、ずーっと放置がいいのではないでしょうか。

レバレッヂは10倍以下にして、入金しては買い足しを続けるのが良かったのではないかと反省しています。

2回ほど売ってますが、売っても売らなくても結果(スワップ)は、たいして変わらなかったんじゃないかと思ってます。

策士策におぼれるということわざがあります。

下手にジタバタ口座をいじくっても、結果はあまり変わらないという無意味な結論です。

自分の投資スタイルを早めに決めなきゃ、そのうちおぼれるような気がしますね。

ちなみにNZドル売ったあと、なかなか下がってきません。逆に上がってる、、、

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月14日 (木)

サラリーマンはお得(1)

サラリーマンは、やっぱり得だ!

この間、出張で東京に行きました。一泊二日で出張内容は講習会の受講です。勉強会のようなものです。

なんと太っ腹な会社で受講料は7万円でした。

まっ、受講料はtaro本人に入ってくるものでありませんが、タダで都会の美人の先生の講習会を受けさせてもらえました。金を貰ってやる講習会だけあって美人の先生は親切で丁寧でしたよ。

服のセンスとホワイトボートに書くとき見える後姿・ヒップラインが好感をもてました。

さすが都会の女は違う!と感動したものです。

そんで、出張の醍醐味ですが、taroのような田舎モノが強制的に都会を満喫できることですかね。

まずは、経験したくもない朝のラッシュ時を乗り継ぎを気にしながら、路線図を見ながら、やっとの思いで会場に到着しました。

う~ん、都会のサラリーマンって通勤だけでtaroの三倍は体力消耗していそうです。この後仕事する体力残ってるのか心配になります。taroは会場到着時にはスデにヘロヘロです。

まっ、こんな思いをしながらも一泊するだけで、宿泊費が支払われます。

taroは6950円のビジネスホテルに泊まりましたが、よその支社から来た人は3300円のカプセルホテルをとってました(-_-;)

taroの会社は出張時一泊すると一律11000円が支給されます。

これをホテル代と晩飯代にしろってことですが贅沢しなきゃ確実にうきますよ。

さらに日当として1800円です。これは昼飯代ですが、その日は会場の社員食堂で500円で済ませてました。社員向けは昼飯もやっぱり安い!うまい!はやい!

社員食堂のあるサラリーマンは昼飯食うだけで得してます。多分、会社がかなり負担していますね。

あとは、交通費は実費で支給ってことになってるけど、カプセルホテルに泊まった彼は新幹線分の旅費を申請して鈍行列車で帰っていきました。

う~ん、、、そこまでやるのかよ!

サラリーマンの鑑のような人です!

今回の出張で彼は推定15000円ほど儲かっているようです。

そんで、彼の偉いところは事前にカプセルホテルの近くにうまい店がないかを調べてきていることです。

安くてうまいステーキ屋に行ってきました。

会社の命令で東京にきて、東京見物をして、勉強させてもらって、この間仕事しないで、さらにお金まで貰える!

こんなふうに考えれたら、会社辞めないで定年までいられるんでしょうね、、、きっと、、、

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月16日 (土)

サラリーマンはお得(2)

役職につけば手当てがもらえる!

taroの経験上 組合長もお得でした。

費用対効果とでもいいましょうか、年に2回しか活躍することがないにも関わらず、組合員から集めたお金から手当てが支給されました。かなり多めです。

組合長のお得度は「いくらなんでもヤバイんじゃない」と言いたくなるくらい世間の常識から外れてましたよ。まっ、規約で決まってることなんで不正ではありませんが、、、

まず、年二回、団体交渉のため各支部の組合長が東京に集まり打ち合わせをします。

(事前に支部で全組合員を集めて要求内容を決めるという仕事はあります)

そんで、組合長の出張費はべらぼうです。

かなり昔に決められた規約のようで組合長は会社での役員クラスと同等の扱いでした。

交通費は実費支給ですがグリーン車の使用が認められています(~_~;)当然、普通車を使ってグリーン車分の交通費を申請します(少し前に規約が改定になりグリーン車は、もぉダメです。当然ですよね)

そして、日当ですが、なんと一日10,000円です。

日当で10,000円もらうとtaroなんかは罪悪感を覚えちゃいます。しかも、打ち合わせに入る前に旅費の清算をしておこうということで、その場で現金でもらったこともあります。

まだ仕事してないって(~_~;)、、、

組合長の主な仕事として、各支部の組合長が集まって要求内容を決めて、これを文章化し、日時を決めて団体交渉を行うわけです。

この、団体交渉も日当が10,000円でます(~_~;)

taroは書記だったんで要求書を書いたり議事録をつくったりという仕事をしていました。要求書を読み上げるのは各支部の組合長からサラに選ばれた連合会長と呼ばれる人です。

でっ、もっとも楽なのは書記と連合会長以外の人たち。この人たちは、ただしゃべるだけ。団体交渉時にも、ちょっと、しゃべるだけでした。

しゃべりもしない人もいましたが、それでも日当は10,000円です。

団体交渉のためにもらえる日当は年間で40,000円になります。

昼飯も当然、組合費から出ます。ホテルのランチなどを食べることが多いですね。

サラに集まりの後は必ず東京駅で飲みです。これも組合からです。

いやぁ~~、組合員から集めた金を豪快に使いまくっていますねぇ~、、、

そんで、一年間組合長を勤めると報酬として40,000円もらえます(-_-;)

ふぅ、、、組合っていったい何?

金を集めて使ってるだけじゃありませんか。

支部ごとに組合役員が決められていますが、組合費が余ったりしたら、打ち合わせと称して飲みに行くこともあります。

ちなみに支部の組合役員は組合長以外ほとんど仕事らしい仕事はありません。飲んでるだけです。

組合役員だけが、もうかってるかというと、そうでもありません。

組合員は定年になったら祝い金として100,000円の支給があります。

これなんか、国の年金と同じで、今のペースで払っていたら、いずれ破綻することは確実という計算結果なんですが、もぉ止めようって言えないという末期症状におちいってます、、、

もぉスグ定年の人たちが、許すワケがありません。

あとは、出産の祝い金とか子供が小学校に入学とか、身内が亡くなったとか、転勤したとか、、、なんだかんだと理由をつけては金をもらってます、、、

国と同じで、間違いなく、いずれ破綻します。

そうなると分かっていても止められない。

組合費を払いつづけた人たちが許しません。当然の権利として金の支給を要求します。

年金問題と一緒で、いよいよダメになるまで待ってるしかないようです。

人から金を集めて運用するってのは、どんな組織でも無理があるようです。

※組合費を上げればなんとかなりますね。でも早めにやらなきゃ上げ幅が大きくなりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

生き残るための節約 その13

まだまだあるぞムダな支出!

でも、これ以上の節約はナカナカ厳しいようです。taroは結構質素な生活してるってことかもしれませんね。

そろそろ自動車の任意保険の更新時期です。今年は24,000円でした。

三年前にミニバンから軽自動車に乗り換えて安くなったとはいえ、現在の節約生活の中では突出した支出です。

最近、通勤は自転車使うから自動車の活躍が減ってます。でも、、、時々使うから無きゃこまる、、、しょうがないから保険の継続しました。

駐車場代も毎月3,000円です、、、

なんか自動車ってムダっぽいなぁ、、、、

最近は田舎に帰るにも新幹線ってパターンが多い。そのほうがガソリン代・高速代より安いし、楽だからってことなんだけど、でも自動車が無くてもイイとはならない。

乗る頻度が減ったから、確かにガソリン代は目に見えて減っている。がっ、自動車はあるだけで金がかかるワケですよ。

任意保険と駐車場代で年間60,000円、車検がある年は更に100,000円くらい多くかかりますねぇ~

まっ、軽自動車とは言っても、今は無きゃ困るワケだからこれで我慢するか、それともサラに安くあがる手段があるかっていうとぉ~、、、バイクじゃ荷物積めないし、、、冬は寒いし、、、雪降ったら乗れないし、、、

う~ん、、、しかたないかぁ(-_-;)

どぉにも納得いかない結論ですが、この自動車の維持費って何とかならないもんかな。乗った日数分だけ保険代がかかるとかって、ないかな?あっ、ある!レンタカーなら可能ですね。駐車場もいらない(^.^)でも、必要な時スグに乗れないしなぁ~(-_-)レンタカー屋が家の近くになきゃ意味ないしぃ(-_-;)あっ、そぉいう場所に引っ越せれば問題ないかも(^.^)買い物する場所も近かったりすればOKかも(^o^)丿

これは会社辞めたあと要検討ですね。

――――――――――――――――――――

そんで、今日は部屋の整理と節約を兼ねて使わなくなった空気清浄機を売りに行ってきました。

そしたら「1999年製造でReマークがないから引き取り出来ません」とHard offの店員さんに言われムダ足に終わりました。粗大ゴミで捨てるしかないようです(~_~;)

このまま帰るのはもったいない気がしてDVDを借りてきました。なんとゲオで一枚10円でした。5枚借りて、たったの50円です。(10円は期間限定です。通常は180円でした。)

今日は一日、名作「北の国から」をまとめて見ます。

なんだか、モノの値段って、どこまでも安くなる感じです。激安はそこらじゅうに普及しているみたいですね。

ここまでして大丈夫か日本の経済は?と心配するのはtaroだけでしょうか?

更にブックオフで本を二冊買い210円です。こちらは「宮沢賢治」です。いくつになっても「宮沢賢治」だけは飽きません。

210円で賢治ワールドを堪能します。

もっと安くあがる手段としてヨク使ってんのが無料テレビのGYAOです。昔のアニメとか映画がタダで見れます。最近は「ふしぎの海のナディア」を楽しみにしています。

う~ん懐かしい。

Yahoo動画もナカナカよい作品がありますが、無料は最初の五話だけってのが多いですね。続きは一話あたり105円かかります。

「母をたずねて三千里」続き見たいけど一話が105円で躊躇しています。

taroは貧乏性なんですよ(-_-;)

――――――――――――――――――――

工夫すれば安く暮らせる時代です。

高級品買ったり、家買ってローン組んだり、高い車で高い維持費を払ってれば、当然、収入もそれなりに必要になるワケです。

でも、これって無理やりお金使って、無理して働かなければならないように自分を追い込んでいるだけじゃないんだろうか?

「北の国から」の黒板五郎さんは自力で川から水引いたり、風力発電したりで金のかからない生活を実現していました。捨てられるゴミを集めて、家まで建ててましたよ。

黒板五郎さんのレベルは、並の人間の体力や根性じゃ難しいかもしれないけど、生活レベルを落として、必要な収入も減らせれば、イヤな仕事を無理して続ける必要は無くなるんじゃないでしょうか?

無理して頑張り、過労死とか、うつ病とか、自殺とかって、、、

仕事のために犯罪まで犯したり、平和そうな会社だって責任の押し付け合い、仕事の押し付け合いとかは絶対にある。

異常ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月21日 (木)

会社を辞めるには その25

金が増えつづけてます。

「金が金を生む」というのは神話かと思ってましたが、わりと簡単に一般人でも実感できる時代のようです。フッフッフッフッフ←余裕の笑い

ちなみにtaroは経済のことをヨク知りませんし、これからもヨク分からないと思います。taroの投資はほとんどが勘です。一応、過去の実績をみたりはするけど、やった時期が良かっただけです。まっ、分かりやすく言うと運が良かっただけですね。

あ~、、、うまくいってよかった。ふぅ~←安堵のため息

失敗してたら泣いてただろぅな。

最悪な展開だと自殺していたかもしれない、、、

投資は生きるか死ぬかっていうくらいリスキーなものかもしれません。仕事とか人生に満足している人だったら投資なんかに現を抜かすワケないですね。

投資は死ぬくらいの覚悟で本気で取り組まないとうまくいかない気もします。今年になってからの投資ではtaroも本気で情報収集しています。普段だったら気にとめない経済ニュースなども目を皿にして見てました。

(そんなことしなくても儲かっている人は沢山いると思いますけど)

6月分の投資信託の分配金が入金になり、これをそのままFXの口座に入金しました。

50万円です。

このまま銀行の普通口座に入れていては、大した利息も付きません。

金を遊ばせておくような余裕はtaroには無い!

しっかり稼いでくれよオレの金達!

んで、またしても外貨の買い足しです。

スワップの合計は一日4,527円になりました。

月にすると 4,527円×30日=135,810円です。

こんだけあれば、もぉ、大丈夫だろぉ(^o^)丿心の余裕ってのを感じています。

――――――――――――――――――――

最近は、FXの運用について、また考え方が変わってきて「スワップ狙いだったらば、安く買えて、スワップの高い通貨を多くもっているべきなのでは?」となり(しょっちゅう考えが変わる)値を上げたユーロを決済しました。

2万ユーロを買い、わずか一週間で6万円ほど儲かりました。でっ、これを売ると36万円ほど資金が増えますので投資信託の50万円と足して、米ドルと豪ドルとNZドルを買い足したのです。

安く買えて効率よくスワップを稼げる通貨って米ドル・豪ドル・NZドルくらいしか思いつきません。

(もっとあるかもしれないけどtaroの知識だと、こんな結論です。)

南アフリカの高金利通貨ランド(南アは金利が9%くらいらしい)も外為どっとコムで扱ってますが、スワップは確かに高い!でも、値動きを観察すると非常にリスキーと感じまして、ランドは、とりあえず却下です。

(ランドのスワップは一日42円でした。1万ランドが2万円で買えますから、10万円の投資でスワップは1日210円になります。でも1円60銭下がればロスカットになります。短いスパンで1円~2円は平気で上下動しているという恐るべき通貨でした。こんなの買ったら心配で夜寝れなくなりそうです。)

ちなみに、一度は見切りをつけたNZドルですが、安く買えることと、スワップの高さに誘惑され(スワップが1日196円は魅力です)また手を出しちゃいました(~_~;)でも、まだ上がってきている。

いったいどこまで上がる気なんだNZドル!

そんなワケで、マイナスポジションが一つもなく、FX口座の時価総額が350万円を突破しました。自己資金200万円で150万円も増えたことになります。

しかもスワップは一日4,527円!

ここまできたら、後は今の口座を、じっくり、ゆっくり、確実に育てるだけです。

次の課題は会社からのボーナスで何に投資するべきか?です。

もぉ一週間くらい、ゆっくり考えよっと。

フッフッフッフッフ←(余裕の笑い)

最近、金まみれのtaroです。

フッフッフッフッフッフッフッフッフッ、、、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年6月24日 (日)

生き残るための節約 その14

暑くなったら節約です。

もぉスデに暑い→食欲がおちる→特に飯を炊きたくない(暑いから)→ラーメンも食いたくない→涼しいものが食いたい→自炊で出来ることは?

っと、考えながらスーパーを物色していたら、いいメニューがありました。

そうめん、ひやむぎが山積みで売られています。しかも安い!

100円で5食はいけるというリーズナブルな商品です。常温で保存が可能というのも独身自炊派男性には魅力的です。

これを麺汁で食べます。

これだけだと、どぉ考えても栄養的に問題がありそうなので、豆腐を買って冷奴にしました。(豆腐を切るだけです)

一丁29円とかで売ってる時あります。

そうめんも冷奴も薬味だけは毎日変えて楽しんでいます。

でも、まだ何か足りない気がするんで、まだ涼しい食品は無いかと探してみたら決定版を見つけました。

果物の缶詰と果物をゼリーで固めているやつ(商品名はわかりません)これも100円くらいで売ってます。パイナップルとかモモとかミカンですね。

普段、果物をほとんど摂取しないtaroには効果てきめんでした。便通が、すこぶる快調です。腹の中がきれいになる気がします。

この食生活にはダイエット効果があるようで、さらに腹がへこんできました。

節約だけが目的じゃないけど、自炊をはじめたら、自力で生きていける自信(?)みたいなものが出てきます。冷蔵庫の中身が少なくても、あるもので工夫して食べるということが出来るようになりました。

金がなくても生きていけるっていう自信のようなものです。

サラリーマンを長くやってると、仕事が忙しいとかって理由づけして、仕事以外の家庭の雑務とか生きていくための基本的なことをやらなくなるように感じます。

んで、そおいうことは金を出せばラクに出来ちゃう、、、

そのうち、そおいうことを自分でやる気も無くなる、、、

金だして、やるのが当たり前という感覚になる、、、

そんで、金を稼ぎ続けなければならなくなる、、、

必要以上の金がなきゃ生きていけなくなる、、、

このサイクルにはまったら、ナカナカ抜け出すのは難しいようです。

これをやらないで済むのは、いまのところ田舎暮らしぐらいしか思いつきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »