« 生き残るための節約 その11 | トップページ | ワーカホリック »

2007年5月 5日 (土)

会社を辞めるには その22

この間「金のなる木…」なんて言っておきながら、つい一部売っちゃいました(-_-;)

後から考えると早まったことをしてしまったのかもしれない、と反省しています。taroの精神力の弱さってのを再認識しました。

taroが一番多く保有しているNZドルのチャートを見ていたら

「最近横ばいだよなぁ」

「どこまでも上がり続けるワケないよなぁ」

「豪ドルが下がってきている。NZドルが上がったのは豪ドルにつられたような気がする」

「豪ドルが下がればNZドルも下がるのでは…」

「でも、taroが何か行動すれば逆に動くってのが、今までの実績だよなぁ…」

「売ったら金のなる木がなくなるよなぁ…」

「全部じゃなくて一部なら、どうかなぁ…」

そんな心の葛藤があり、不安感がつのりでNZドルを一部売っちゃいました。

売買での利益は30万円です。この間のスワップも入れると二ヶ月で約40万円ほど儲けたことになります。

以前FX撤退時には40万円の損失があったわけですからリベンジ成功って感じですね。

でっ、現在のポジションでの含み益は約20万円に減りましたが、余裕資金が40万円以上となりました。

この余裕資金をNZドルの値動きをみて、さらに追加投入できればと考えています。

そぉすれば、さらに毎日もらえるスワップ金利が増やせるワケじゃないですか?

今回のtaroの行動が「」と出るか「」とでるか、、、、

最初の誓いを破っちゃったワケですよ、、、やっぱ精神力ないよオレ。

これは、この間テレビでやってたジェイコム男の影響のような気がします。

まっ、あそこまで儲けようとか、入れ込もうって気はないんだけど、多分影響を受けてますねtaroは、、、

やっ、やばい気がしてきた、、、、

下がったらどぉしよう?っていう不安感が襲ってきた。

ふぅ…FXは疲れる、、、

ジェイコム男は何であんなに冷静なんだろ?

儲けれる人の精神構造は凡人のtaroとは違うようです。

|

« 生き残るための節約 その11 | トップページ | ワーカホリック »

コメント

taroさん、励ましのお言葉確かに承りました。ありがとうございます。
昨日の「仮払問題」解決しました。
少しだけ気が楽になりました。

でもやっぱり早く年金生活になりたい・・・です。

グレる手もあります。
でも当社では、taroさんの会社のような温情は全くありません。
グレる=退職勧告です。
事実、骨折による休職=退職勧告 を見てきています。
自身に置き換えるとグレグレ→退職勧告→住宅ローン払えない→競売→一家離散です。
しかも、私は持病があり、転職はおそらく不可能です。

投稿: k | 2007年5月11日 (金) 20時27分

かなり深刻な状態のようですね。
でも、、、
たかが仕事で死ぬことはありませんよ!
そんな、やっかいな問題は会社の同僚であっても、誰も助けてはくれないんですよ!
「そういうことは、あんたがやるんでしょ」って感じで見てみない振りしている場合が多いと思います。

心を病むこともないと思います。

おもいっきりグレちゃうってのが良いのではないですか?
そうすれば、「あいつは鬱病だ」とか「あいつは、もぉ終わった」って感じで、まわりが仕方なく許してくれますよ。

一回仕事をボイコットするってのも手ですね。
会社って簡単に社員をクビにすることはできないようですよ。
自分はもぉダメなんだってアピールしてみてはどうですか?
たかが仕事で思い悩むのは自分の仕事以外の人生から考えたら、ちっぽけなことじゃないでしょうか?
会社の代わりや仕事の代わりは、探せばありますよ。

仕事が全てではありませんよ。

僕は、それに気づいたんですよ。

Kさんも、それに気づいていらっしゃるようですから、なるべく早く、そんな世界から抜けるように、がんばって下さい。

こんなアドバイスしかできませんが、決して最悪の選択だけはしないようにお願いします。

投稿: taro | 2007年5月10日 (木) 22時18分

散々な一日でした。他部署の尻拭いをしたきました。実際には明日尻拭い(仮払処理)をするのですが、万一5月14日までに仮払が埋まらない場合は、どう対処すれば良いかわからない状態です。
相手は、優良取引先で、本心は「何でこの人相手にこんな問題起こしてくれるんだ!」です。
先月末も他部署の苦情処理に奔走しました。
相手はヤクザもどき(前科あり)で、やはり「勘弁してくれ」です。
ヤクザもどきの苦情処理は14日に予定しております。

助けてください。

当社でも自殺者は複数発生しております。
当然精神的疾患は日常茶飯事です。

もうグレそうです。

投稿: k | 2007年5月10日 (木) 21時41分

Kさん ご声援ありがとうございます。
これからも頑張って更新を続けていきたいと思います。(時々サボるけど)
taroの行動を参考にして頂ければ幸いです。
僕が資金的に余裕があるのは「独身」だからという理由もあります。一度は結婚していた時期もありますが、人生で一番の失敗は結婚だったと思ってます。
これについては機会があったら紹介していきます。
お互いがんばって会社辞めましょう。
嫌なことを無理して続けて人生を無駄に過ごさないようにしたいと思ってます。

投稿: taro | 2007年5月 9日 (水) 18時49分

お疲れ様です。このところ毎日楽しみで更新チェックしています。
私より1.2歳お若い様子ですがお互い人生にお疲れの様子ですね。
お互い中間管理職の様子ですが早期退職目指してがんばりましょう。
とは言ったものの、私には早期退職するだけの資金的余裕がないのです。
(利殖中)・・・。
寂しいかなこれが現実です。

投稿: k | 2007年5月 8日 (火) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57190/14960357

この記事へのトラックバック一覧です: 会社を辞めるには その22:

» ポールスミス財布なら [ポールスミス財布なら]
ポールスミス財布を買うなら、まずはネットで下調べ!ブランド品情報が満載です。ネットなら、お買い得なレア商品も盛りだくさん! [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 15時59分

« 生き残るための節約 その11 | トップページ | ワーカホリック »