« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月 3日 (木)

会社を辞めるには その21

金のなる木を確保か?

――――――――――――――――――――

ゴールデンウィークの前半を休ませてもらいました。有給休暇も使って1週間実家でのんびりです。

でっ、考えてみると、サラリーマンってスゴイ有利です。給料もらえる休暇が年間20日もあります。(前年に使ってなければ最大で40日あります)

田舎の行き着けの飲み屋のオヤジに「会社辞めたい」なんて言ったら、「もったいない」「早まるな」「あんなイイ会社ないぞ」…なんて言われました。

自己責任で商売やっている人たちから見たら、サラリーマンが羨ましいらしいです。そぉいえばゴールデンウィークだというのに店やってましたよ。

みんな頑張って仕事してるんだよなぁ、、、taroとは違うよなぁ、、、生きる力みたいなものが内側から溢れているって感じで、、、何でtaroは、こうなっちゃったのかなぁ、、、どっかで人生の選択を誤ったって気がする、、、いまさらやり直しなんて出来ないしぃ、、、

まっ、今出来ることといえば、仕事ではなく資金運用だけですね。これにtaroの残りの人生がかかっています。

――――――――――――――――――――

ゴールデンウィーク突入前に更にFXに追加投資しました。銀行の積み立て定期を解約です。有り金すべてをFXに賭けようってことで、米ドルとNZドルを買い足して一週間ほど様子を伺っていたら、みごとに上がってきましたよ。

米ドルが120円突破です。

FXの口座の含み益が50万円を超えちゃいました。ハッハッハッハッハッハッ(笑いが止まりません)

そうなると安い時に買ったNZドルを売って、更に今のレートでNZドルを買い足そうかという誘惑にかられます。

いや、だめだ!

せっかく手に入れた金のなる木を、自分で刈り取ってはいけない!

木になった実だけを、ちょっとづつ取ってればいいんだよ!

そんなで、毎日もらえるスワップ金利が一日2,621円になりました(^.^)

一ヶ月だと

2,621円×30日=78,630円

になります。ウヒヒヒヒヒヒヒヒヒ(やっぱり笑いが止まらない)

んで、スワップ金利が貯まると、その資金で更に外貨の買い足しができるようになってきました。ワッハッハッハッハ(人間って金に余裕が出来ると笑えるようになるものです)

金が増殖をはじめました。

あとしばらくは、このまま放置の予定です。放置しておくだけでスワップ金利が蓄積されて、金のなる木が太くなります。

次の勝負は6月ですね。本業(taroが辞めたい会社)のボーナスと、投資信託からのボーナス分配が期待できます。

だんだんと、幸せが近づいてきました。

多分、今FXでうまくいってるのは、単に時期が良かっただけ、運が良かっただけ、なんですが、何はともあれ行動することが大事だという気がします。

金は頭じゃなく足で稼ぐものだという言葉もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年5月 4日 (金)

生き残るための節約 その11

今一番金がかかるもの。それはです。

これを節約するのは、人としてどぉかと思ってます。一応、長男だし、、、

今年70才になる母親は、まだ健在で、年金で生計を立てております。がっ、年金だけじゃ足りねぇよなぁ~(-_-;)

年金は2ヵ月で約12万円と言ってました。月6万円じゃ、いくら田舎とはいえ生きていけません。

そんなで、半年に一回(ボーナス月)30万円づつ送金してあげてます。月にすると5万円になります。大変な出費ですよ。

その母親ですが、完全にtaroを当てにしているようで、10年くらい前に家を買っています。田舎の築50年くらいのボロボロ屋敷ですが、前に住んでいた家が、さらにボロボロで、隣の住民が村から出て行った時に70万円で買ったと言ってました。

家、土地、小屋、畑、すべて込みで70万円ですから、安いと思えますが、その後の維持費が高くついてます。

5年前には外壁の張替えなんかしてました。70万円で買った家を100万円かけて直しています。しかも何の相談も無しに勝手にやっておいて、金だけはtaroに払えってことですよ。

テレビの「before after」を熱心に見ているから怪しいとは思っていたんだけど、そういうことでしたよ、、、その後も家の改造をチョコチョコ繰り返しています。

この家を自分の財産だと信じて誇らしげな顔をしていました。固定資産税を払ってるなんて偉そうに言ってます。「将来、この土地をあげるから家を建て直せ」なんて恩着せがましいことまで言ってます。

こんな家いらねぇよ!

だいたい、あんたが死んだら、この家の処分にいくら金がかかると思ってんだよ!

だれも住まない家なんて、何の価値もねぇんだよ!

こんな母親ですが、taroから金が貰えることを前提に贅沢に生活をしております。多分、彼女が働いていたころよりも余裕のある生活を営んでいるはずです。

この間貯金しているって言ってました(-_-;)

んで、墓を建て直せって言うんですよ、、、「あたしが死んだときに恥じをかくのはお前だ」って、、、

確かにそうだけど、貯金してるんなら、それでやれよ!

この金喰い虫は、後10年以上は生きそうです。がっ、一応生んでもらった手前、冷たくできないし、時々は田舎に帰りたくもなるしで、この出費はしばらく続きます。病気でもされたら大変ですよ。

ボケたらどぉしよう(T_T)

まっ、こんなのはtaroの年代の誰もが経験していることでしょう。

そんで、今ごろ気づいたんだけど自分の子供に投資したと考えれば、かなりのリターンになっていますね。

投資効率は、かなり高いですよ。リターンしてもらえるのは老後ってのが欠点ですかね、、、

この母親は姉や弟からも、時々小遣いを貰ってます、、、

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 5日 (土)

会社を辞めるには その22

この間「金のなる木…」なんて言っておきながら、つい一部売っちゃいました(-_-;)

後から考えると早まったことをしてしまったのかもしれない、と反省しています。taroの精神力の弱さってのを再認識しました。

taroが一番多く保有しているNZドルのチャートを見ていたら

「最近横ばいだよなぁ」

「どこまでも上がり続けるワケないよなぁ」

「豪ドルが下がってきている。NZドルが上がったのは豪ドルにつられたような気がする」

「豪ドルが下がればNZドルも下がるのでは…」

「でも、taroが何か行動すれば逆に動くってのが、今までの実績だよなぁ…」

「売ったら金のなる木がなくなるよなぁ…」

「全部じゃなくて一部なら、どうかなぁ…」

そんな心の葛藤があり、不安感がつのりでNZドルを一部売っちゃいました。

売買での利益は30万円です。この間のスワップも入れると二ヶ月で約40万円ほど儲けたことになります。

以前FX撤退時には40万円の損失があったわけですからリベンジ成功って感じですね。

でっ、現在のポジションでの含み益は約20万円に減りましたが、余裕資金が40万円以上となりました。

この余裕資金をNZドルの値動きをみて、さらに追加投入できればと考えています。

そぉすれば、さらに毎日もらえるスワップ金利が増やせるワケじゃないですか?

今回のtaroの行動が「」と出るか「」とでるか、、、、

最初の誓いを破っちゃったワケですよ、、、やっぱ精神力ないよオレ。

これは、この間テレビでやってたジェイコム男の影響のような気がします。

まっ、あそこまで儲けようとか、入れ込もうって気はないんだけど、多分影響を受けてますねtaroは、、、

やっ、やばい気がしてきた、、、、

下がったらどぉしよう?っていう不安感が襲ってきた。

ふぅ…FXは疲れる、、、

ジェイコム男は何であんなに冷静なんだろ?

儲けれる人の精神構造は凡人のtaroとは違うようです。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年5月12日 (土)

ワーカホリック

他人の仕事中毒って滑稽です。

4月に異動になってきた上司が、これですね。入社から今まで約30年くらい同じグループの仕事をして昇格してきた人です。
なぜか自分が今までやってきたことを、転勤になって別に支社に来ても繰り返そうとします。

人間って過去を忘れられないようですね。

taroもそぉですよ。

でも、この上司が許されるのは同じ部署にずーっといるからであって、taroのように部署が変わった場合には許されません。

存在が悪になります。

「前の支社でこれやってたんだぁ~」
「えっ?ここじゃやってないの」
「ぜひやろう」

って感じで自分の考えを決して変えません。まっ、これで昇進してきたんだろうから変えられないでしょうね。

そんで気づいたんだけど

ワーカホリックは仕事していないと気がすまないらしい
ワーカホリックは人を巻き込んで仕事をする
ワーカホリックは仕事を増やす
ワーカホリックは仕事を面倒くさくする
ワーカホリックは反対意見は聞かない

ワーカホリックは仕方ないことを仕方ないで済まさない
ワーカホリックは部下も自分の考えと同じにしたい
ワーカホリックは自分でもやるからお前もやれって感じ
ワーカホリックは自分の世界を持っていて他人もそこに引き込もうとする

まっ、権限のある上司だし、人も悪くないんで、しょうがなく合わせているけど、どぉもこれが逆効果らしくて「部下が喜んでいる」と勘違いしている部分がある。

なんか満足げな顔をしています。

今までやらなくてもよかった仕事をナゼやる?
それをやらないと何か困ることでもあるの?
みんな「しょうがねぇな」って感じで今のところ従ってます。

ただ、一番困るのが、以前はtaroと同じ役職にいて昇格した人だから、自分がtaroと同じ役職にいたときにしていたことをtaroやらせようとしてます。

ん~っ、困ったものだ。今までの、あんたの部下とtaroは育ちが違うんだよ!同じだと思うな!

そんで告白したのです。

「もぉ会社辞めたいっていう申し入れをしています」
「そっ、それいつの話?」
「今年の3月です」
「なんで?」
「仕事できないんですよ。今の役職分の仕事ができないんですよ。これってキツクないですか」
「いや~、努力すれば何とかなるもんだよ。オレだって自分だけでやれるワケじゃないんだから」
「2~3年で今の役職分の仕事ができるようになりますか?工場の仕事だったら最低10年は必要ですよ。そんなに簡単な仕事ですか?」
「ん~、、、、、」
「評価もスゴク悪いんですよ。悪いけど降格にならないんですよ」
「それはtaro君の感性みたいな部分を評価してるんじゃない?」
「いや、だから評価悪いって!評価されてないけどそのまんま。何でだと思います。」
「、、、、、、、」
「嫌がらせだと思いませんか?」
「いや、そんなことはないよ。taro君の何かを買ってるんだよ」
「何をですか」
「、、、、、、」
「まっ、どっちにしても来年はいませんから。もぉ1年待ってくれと言われてます」
「1年もたなきゃ辞めちゃいますんで」
「、、、、、、」
「1年の執行猶予もらったようなものだから、1年かけて辞める準備しますよ」
「、、、、、、」
「ただ、オレにしか出来ない仕事もまだありますから、そぉいうのは黙っててもやります。他の人やあなたに、それをやれとは要求しません。」
「、、、、、、」
「うん、まずわかった」

とっ、社内でこんな異様な会話をして、最初は気を遣ってくれていたようですが、ワーカホリックは時間が経つと自分に都合の悪いことを忘れるようです。

連休があけてからは、アレをやろう、コレをやろうと、イロイロと仕事を振ってきます。
オレを教育してどぉするつもりだ!
オレを教育しても、もぉ育たねぇんだよ!
無駄だよムダ!

それよりも、なによりも、いい年して役職のついている男が教育されて気分イイと思ってんのかよ!
ちょっと前までならtaroも教育する側だったのに、、、、(T_T)
あんたがやってることがtaroにとって、どれだけ屈辱的なことなのか分かってんのか!
やっぱ、辞めよ。なるべく早めに辞めよ。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年5月13日 (日)

勤労は美徳か?

勤労は美徳という常識は本当に正しいのだろうか?

これに似たような不思議な常識として金持ちは悪人?みたいな根拠のない敵対心もありましたねぇ、、、何でだろ?

taroの子供時代は超貧乏でした。父親は出稼ぎみたいな仕事しかしてなくて、母親は地元の製材所に勤め、現金収入はあまりなく、、、

一時は生活保護を受けていたこともありました。

子供のころは金がないというのは恐怖だったし、それで惨めな思いをしたこともあります。

母親が知人から借金している現場を目撃したこともあります。これは今でもはっきりと映像でその時のことを思い出せるし、思い出すと当時と同じだけイヤな気分を味わいます。

金がないことで父親と母親がケンカしていることもヨクありました。

平均以上(金持ち)と平均以下(貧乏)は悪なんでしょうね。たぶん、、、人と同じじゃないのが悪っていう感覚かもしれません。

んで、その母親がよく言っていたのが

勉強してイイ学校に行って、イイ会社に勤めろ

これは、自分の家以外の人達が、それで幸せそうに見えたからだと思う。

やはり、母親も金がないことを怖いことと感じてしたのだと思います。

約30年前ならば「勉強してイイ学校に行って、イイ会社に勤めろ」ってのが、ほぼ社会的に認められた成功への近道だったろうけど、現在はどぉだろ?

ようは金さえあればイイんじゃないかな。会社勤めと同じように定期的に入ってくる金が!

(金さえあればイイっていう考え方もなんですよねぇ。根拠はないんだろぅけど…)

新入社員のころ会社ってヘン!という感覚がありました。

■仕事がなくても時間まで帰れない

■平日に休むことを悪いことと感じる

■みんなが休みの日曜日は安心感を感じる

■みんながやってる事はやらなきゃダメ(何でみんなでやるの?)

■休日に催される会社の行事(慰安旅行とか登山)は出なきゃダメ

■会社の上下関係の異様さ!(会長は天皇陛下のような雰囲気でした)

■儀式のような朝礼

■勤務地から離れることを悪いことと感じる

■会社が終わっても、会社の人と付き合わなきゃならない…(飲み会とか)

■日曜日も会社の人と遊んでいる

■陰では会社の悪口を言い、表では絶対に言わない

■会社を批判しても会社を辞めない人たち

■ただいるだけのような会社の先輩

こんな疑問を感じながらも、会社に行かなきゃ悪いことをしているかのような気分になります。

有給休暇を取っていても不安感に襲われるんですよ。

これって日本中で、それが常識っていう考えを広めているからじゃないだろうか?

おそらく小学校のころから、それが当たり前だ。人と同じことをしてなきゃダメだ。っていう考えを刷り込まれていたのではないだろうか?

多分、taroが会社を辞めようとしていることとか、会社辞めたあとは投資からの収入だけで暮らそうとしていることとかは、常識のある人から見ると異常と思われるようです。

(会社の人には投資で暮らす話はしてません)

でも、常識を破らなきゃ幸せにはなれない気がする。

人間って一度安定してしまうとそこから抜けることを不安に感じるようですね。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2007年5月19日 (土)

会社を辞めるには その23

FX(外貨証拠金取引)…最近うまく行き過ぎて怖い

この間、かなり値上がりしたNZドル(買ったときから6円ほど上がりました)を売って米ドルを買い足しました。目的は上がりすぎたNZドルの比率を下げて暴落に備えるってことだったんだけど、買い足した米ドルが更に上がってきましたよ。

自分で投入した資金が140万円に対して、現在の口座の残高は210万円…わずか3ヶ月で70万円も儲けたことになります。(現時点で全てのポジションを決済した場合です)

現在の時価から70万円下がってもtaroには損失がないことになります。そんでスワップだけはもらい続けられる…

安心感みたいなものもあって、最近、為替相場そんなに気にしなくなりました。ほっといてもスワップだけが増えつづける…毎朝スワップが増えているのを確認するのが日課です。

ふぅ、、、恐ろしい…こんな簡単に儲けられてイイものでしょうか?

毎日のスワップは2,800円ほどになってます。月にすると84,000円

こんなにイイことが続くと、この後が怖い…幸せと不幸はトータルでゼロになるはずですよね…

絶対どっかで損する!

絶対 大損するに違いない!

そんな気持ちが湧いてきます。

(taroは小心者です^^;しかも貧乏性のため大金を目の前にすると悪いことしているような気分になってきます)

毎月もらえるスワップの金額は、ほぼtaroの目的に達してしまいました。

taroの生活費は、FXのスワップだけでまかなえることになります。これにプラスして以前からやっていた投資信託からの分配金があります。

こうなると、もう完全に会社辞めても大丈夫じゃないですか!

さらに、うれしいことに米国の株価 ダウ平均もガンガン上がり続けています。連日市場最高値更新という具合です。6月の投資信託からの分配金は、かなり期待できそうな雰囲気ですよ。

(投資信託からの分は確実じゃないけど、年間200万円は期待しています。年利10%であっても100万円です)

そんで、その分配金と本業からの収入を合わせて、また投資するっていうパターン…

金が金を生み続けるワケですよぉ…投資って世間で言われているほど危険じゃない気がしてきました。

まっ、調子こいてると、どっかでやられそうな気がしますが、FXに関してはレバレッジを低めにしていれば確実です!スワップだけは毎日もらえる。

これからはFXの口座の自己資金を増やして(でも買わない)暴落に備えるだけです。

絶対に欲をかかない!必要以上に欲しない!

これがポイントですね。

そんで、チャンスがあったら口座に追加した資金と貯まったスワップで買い足しを繰り返す。

そうすると、もぉウハウハ状態…金の心配をしなくても良くなる(かも?)

これがファイナンシャルフリーってやつですね。

この次のtaroの目標は家賃分を稼げる投資です。

月5万円くらいあればイイことです。こんなのFXで楽勝って思えます。(なんか調子コイてるよなぁ、最近のtaroは)

毎日、幸せに近づけるようでウキウキしています。

焦りさえしなければ、絶対にうまくいく!

taroには1年間の時間がある!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年5月22日 (火)

定年延長?

そんなに会社が好きなのかよ?

今年の4月からtaroの会社でも定年延長制度がスタートした。本来なら60歳で会社とはオサラバってのが常識だったけど、これが65歳までいれるようになってしまった。

一応、残るか去るかを本人が選択できるってことだったんだけど、ほとんど全員が残るようです、、、今年になってからスデに3人、、、定年退職という辞令が出ているけど会社にはいる、、、定年になった年寄りがこれからも増えつづける、、、

年金の支給は65歳からなので定年になると5年間収入がないってのは大変なことだろう、、、

でも、いま定年になる年代の人たちって退職金確実にもらえてるじゃねぇか!

(taroが定年になるころは退職金制度が存続しているかどうか怪しいものです。それ以前に会社だってないかもしれない、、、おっとtaroは会社辞めるんだった、、、)

給料だって、いくら減っているとはいえtaroのような若い?世代よりも、はるかに高いじゃねぇか!

5年くらい収入がなくても生きてけるんじゃねぇの?

蓄えがあるだろ!

給料は15万円くらいまで減るらしい。週に3日だけ出勤っていうパートタイムと5日出勤するフルタイムを選択できるらしい。

勤務地も自分で選べる、、、責任のかからない楽な仕事をしてもらうらしい、、、

こんな勤務体制じゃ出社してきても仕事するワケねぇよ!

こんなヤツラがいたら若い世代がやる気なくすよ!

年寄りを残す余裕があるんだったら新人を採用しろよ!

きっと定年延長になった人たちは「そういう仕事は若い人がやるべきだ」とか「オレもぉ定年だから」なんて言って若い世代に、やっかいなことを押し付けるに決まっている!

まるで、若い世代の稼ぎを年寄りが吸い取ってるかのような、とんでもない制度です。

年寄りを甘やかすんじゃねぇ!

役員まで上り詰めた人たちも、いつまでも居残ってるんだよなぁ~、いつまでも居てワケのわかんない肩書きをつけてふんぞり返ってるんだよなぁ~

参与とか相談役っていう意味のわかんない肩書きで、、、

それって何をする係りなワケ?

早めに引退しろ!老害だよ!老害!

多分、役員クラスだけが残って甘い汁すってるのが心苦しいから定年延長って制度を採用したのではないかと想像しています。

年寄りの、年寄りによる、年寄りのための会社

長年サラリーマンをやってると会社が大好きになるみたいです。つっーか、会社が「家」のような存在になるみたいですね。

団塊の世代が引退したら、技術とか知恵みたいなものが伝承できなくなり、会社が動かなくなるっていう説も聞こえてきますが、これは一部の優秀な年寄りのことで、実はいなくてもイイ、いない方がイイ年寄りってのも大量に存在しているはずです。

ダンダン会社の雰囲気が悪くなっていく、、、こんな会社早めに辞めてやる!

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2007年5月28日 (月)

生き残るための節約 その12

自炊が板についてきました。もぉ外食なんて食べる気持ちすらおこりません。腹が減ったら自然と台所に足が向きます。

レパートリーも増えてきました。

自炊という技術は、会社を辞めようが辞めまいが、生きていく上で一生役立ちます(^.^)

そんで、浮いた金をFXに入金して外貨を買い足し、スワップが更に増えるという循環です。フッフッフ…

5月はゴールデンウィークで散財したにもかかわらず、給料日前に12万円ほど残高がありましたよ。エッヘッヘッヘ…

これもひとえに自炊生活の賜物です。ウヒヒヒヒ…

10万円入金して貯まったスワップも使い、豪ドルを買い足しました。

毎日のスワップは3,200円ほどになりました。

月にすると3,200円×30日=96,000円です。

し・か・も・・・含み益が、いまだに約40万円です。

自己資金が150万円に対して現在の時価が230万円にもなってしまいました。(今持っている外貨を今のレートで決済した場合の金額です)

ウワッハッハッハ…

この状態から円高に進んだとしてもtaroの買っている全ての通貨が約10円下がらないと、ロスカットされません!

ふぅ…もぉ、かなりの安全圏だな!このまま放置しておけばスワップも貯まり、さらに安全圏に進みます。

着々と退職の日が近づいています。ウフフフフ…

6月のボーナスはFXに入金しておいて、更に安全性を高め、いよいよスワップだけの引き出しを開始する予定です。

毎月taroの銀行口座に、FXのスワップ96,000円と投資信託の分配金(通常月は約3万円、3月と6月と9月と12月は過去の実績で20万円~50万円期待してます)が入金されます。 クッウゥぅううう~(T_T)この日が来るのを約3年間待ってましたよ!

投資信託もFXも一回設定してしまえば、毎月決まった日に何もしなくても現金が振り込まれます。

まるで現金の自動販売機ではありませんかぁ!

幸せが足音を立てて近づいてくる!

あっ、そんなワケで今日は節約料理を紹介する予定でした。

――――――――――――――――――――

■親子丼

焼き鳥の缶詰を使います。(タレです。塩は不可)

たまねぎを薄切りにしてフライパンで炒めます。たまねぎが、しなっとしてきたらフライパンの端に寄せて、焼き鳥の缶詰をフライパンにあけて温めます。あくまでも温める程度です。タレが溶けて液状になったら、たまねぎと混ぜます。そんで、溶き卵を入れて半熟程度で完成。ごはんの上にのせて食べます。汁気が足りないけど十分親子丼です。

■ツナ丼

シーチキンの安いやつでOK(105円くらい)

シーチキンをフライパンで煎ります。油分がとんでカリカリになるくらいまで箸で混ぜ混ぜします。んで、溶き卵をいれて半熟程度で完成。ごはんの上にのせて食べます。以外にうまい。

■卵丼

一番安いですね。

たまねぎをスライスしてフライパンで炒めます。たまねぎが、しなっとしてきたら、薄めためん汁を入れて少し煮ます。でっ、溶き卵を入れて半熟程度で完成。ごはんの上にのせれば安いけど豪華に見えます。

――――――――――――――――――――

更に最近の節約は携帯電話です。ついにソフトバンクに買い替えしました。taroの山奥の実家でも使えることが判明したので即決です。

メールも使えるようにしたので月々1,295円だったな確か。(通話もメールも使わない場合です)taroの携帯電話の使う頻度を考えると、月2,000円以下で済むのは確実ですよ。

だんだんと準備がととのってきました。

もぉ少しだ。もぉ少しの我慢で、いやな会社ともオサラバできる。

仕事が出来ないクセに定年まで会社にしがみつくような、みっともないマネは絶対にしない。

何にも属さない生活を取り返してやる!

(何にも属さないってのは、多分、小学校入学前なんでしょうね)

| | コメント (0) | トラックバック (9)

祝賀会

会社の集まりって苦手です。

この間、創立記念の祝賀会が催されました。社員だけじゃなく社員の家族とかOB、協力会社もいっしょです。

この祝賀会のために、床屋にいって散髪し、普段着ることのない似合わないスーツを着込んで、入社したころに頂いた社章を襟につけました。(社章は結局なくて新しいのを買いました。300円でした。)

んで、土曜日の4時に会社集合でホテルのバスで大移動です。

ホテルに着くと、社員の奥さんが、会社の同僚や偉い人に「いつもお世話になってます。」みたいな挨拶を延々と繰り返しています…子供まで連れていっしょに会場を廻っている人もいました…

あぁ~いやだ、いやだ、みんなして芝居しているみたいじゃねぇか。

お世話してねぇし、世話になってねぇよ!

って、言いたくなるのはtaroだけでしょうか?こんな大人の付き合いをバカらしく感じるのがtaroの悪いところなんでしょうね。社会人として失格っていうか、子供ぽいっていうか、、、

どぉしても、こんな大人の世界に馴染めないんですよ…何年経っても馴染めない…入社して20年経っても無理です。

なんで、会社の休みの日に、こんな祝賀会で出て、会社に勤めている人だけでなく、その家族とか過去に会社にいた人と、酒を飲んで楽しいフリしてなきゃならねぇんだよ!仲間のフリしてなきゃならねぇんだよ!

あぁ~煩わしい!

し・か・も・・・勤続30年以上の社員に表彰までしていた・・・旅行券まであげていた・・・もらった人は喜んでいる・・・

長く勤めるのが偉いのかよ!

長さより内容だろ!

どぉも、会社の上層部とか会社に長く勤めている人にとっては、会社を家庭的なもの?みんなで協力して?ひょっとしたら家庭よりも大事なもの?仲間?信頼?みんなで分かち合う?もしかしたら家庭より上の存在と感じているのではないだろうか?

どぉしても、馴染めなくて、その場で一人浮いているtaroでした。(他にも数人似たような人はいましたが、、、)

なんで、創立○○年がおめでたいんだよ!

偶然、その時期に、その会社に居ただけじゃないか!

なんで一緒に祝わなきゃならないんだよ!

あぁ~煩わしい!仕事より煩わしい!お付き合いが煩わしい!

こんな付き合いが出来ない人とか、こんな世界から自発的に抜け出る人のことを、多分世捨て人と呼ぶんだろぉな。

世捨て人って悪い人でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

今年の昇給

今年の昇給が発表されました。

組合員の平均が5,800円です。

あくまでも平均です。去年は平均が同じく5,800円に対してtaroは4,000円でした。

今年のtaro本人の昇給は期待薄です。(つっーか期待してないって!)

思い起こせば23年前、新入社員だったころのtaroは、初任給が12万円くらいでした。このころは景気が良くて昇給が平均で1万円以上だったと記憶しています。

ある程度の年齢になれば毎年平均以上の昇給があるものと信じてました。

23年前の期待値は40歳で手取り35万円くらいを予想していたものです。(ボーナスは120万円を予想)

それが、、、ふぅ、、、昔の人は恵まれてたようですね、、、全ての元凶はバブルの崩壊か?

まっ、会社からの収入は、もぉ一切期待してませんね。どぉせ辞めんだから、、、

taroの現在の会社以外からの収入は新入社員時代とほぼ同じです。年収では350万円と想定しています。(あくまでも予想です。期待通りの収益があるかどうかは、一年経たないとわかりません)

収入だけに関しては、新入社員同様一からやり直しって感じだけど、投資からのリターンが増えるスピードは、給料の増えるスピードの10倍はあります。

スグにベテラン社員なみの収入に増やしてやるぜ!とっ、力が入ってきますよ。

――――――――――――――――――――

んで、組合活動なんだけど、これもtaroには、もぉついていけない感じです。何でこんなことに、そこまでアツくなれんの?そんなエネルギーあるんだったら、もっと仕事に精だしたら?

あぁ~バカバカしぃ!

要求内容があまりにも幼い、、、どぉでもイイから貰えれば得って感じ、、、貰う立場のクセして、なんでそこまで横柄な態度でいられるの?あんたら何様のつもり?世間の常識って知ってんのか?

例えば、創立記念の祝賀会がこの間あったけど、「創立○○年の記念に全社員に一律3万円支給」とか、「出産一時金30万円の支給」とか、「転勤した人には特別手当をだせ」みたいな、あまりにも幼稚な内容を本気で議論している。

一時金の支給は、給料払う側が、気持ちとして「ご苦労さん。これ少ないけど取ってけ」って感じで貰うもので、要求するものじゃねぇだろ!この恥知らずが!

出産が会社に関係あるのか?あんたの子供が生まれたことで会社に利益があるのかよ!それとも子供まで社蓄にするつもりか?

サラリーマンが転勤すんのは当たり前だろ!そんなで給料増やしてたら格差が出来るだろうよ!仕事できなくても転勤すれば給料が増えるのかよ!

まっ、こんな子供っぽいことをしている組合です。こんな議論をしてる人たちは、何の疑問もなく当たり前のように普通に話してる???

普通の社会人って、このバカバカしぃ議論に違和感を感じないのだろうか?

全てを会社に委ねていることを異常と感じないのだろうか?

子供が親にわがままを言っているようなものじゃないだろうか?

あなたにとって会社はなに?

会社がなくなったら、あんたはどぉやって生きていくの?

会社になにを期待しているの?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

税金

普通のサラリーマンが税金を意識するのは4月だと思う。

通常は給料天引きで所得税・住民税を支払っているけど、本人は税金とられたっていう被害者意識をあまり感じない。ほとんどが無視しているはずです。

でも、毎年4月になると自動車税の納税通知書が送られてくる。この時だけは腹が立つっーか、払いたくない意識が強くなる。

金払っても本人には何も得がない。でも、多分、払わなければお仕置きがまっているんだろうなぁ、、、まるで農民から年貢を巻き上げるお代官様のようなモノじゃありませんか?

貧乏人を虐めんなよ!

何でも、かんでも税金かけんじゃねぇよ!

消費税だけで勘弁してくれよ

買い物するたびに税金払ってんだぜ

給料から勝手に引かれているのではなく、自発的に郵便局に行って振り込むという作業が税金盗られたっていう意識になるのだと思います。

消費税も勝手に引かれるから払ってるっていう意識は薄いですね。

本人が自発的に払うシステムが脱税する人を生み出しているものと考えます。

(だから節税する人もいるワケですね。)

不思議なもので、taroの場合は所得税とか住民税を毎月32,800円も払っているのにたいした痛みを感じない。

誰か(会社の誰か)が仕事として税金を引いてくれていて、本人は何もしないから不感症になってしまうのではないでしょうか?まったく不思議だ。3万円以上払ってるにもかかわらず、もったいないという意識が働かない。何でだろ?

自動車税はtaroの場合は軽自動車なので7,200円だけど、給料安いくせして見え張って高い車乗ってる若いヤツラは、かなりの負担になっている模様です。

「ボーナス出たら払おう」なんて言ってる人が周囲にいっぱいいます。taroも数年前までは2400ccのミニバンに乗ってたから、確か45,000円くらいだったと思います。当時はボーナス出てから払ってました(-_-;)

まったく馬鹿なことしたもんだと今だと反省しています。(車買ったこととか、結婚していたら大きな車が必要だと信じていた自分が、、、)

ここでまた疑問に感じたのが、1万円以下だと「まっ、しょうがないか」って感じで割と前向きに払っているんだけど、これが2万円以上となれば、かなりの抵抗感がありますね。

軽自動車税の7,200円は格安と感じてしまいました。

金額の設定がベストですよ。この部分は、やるじゃん!って感じました。

貧乏人はやっぱ軽自動車ですよ。というか中流と感じている人も見栄張らないで安い軽自動車で我慢するべきですよ。中流分の収入がありながら、支払う分が多ければ下流になっちゃうじゃありませんか?

「金持ちとおさん 貧乏とうさん」でも言ってましたが、収入が増えたからといって維持費がかかる家とか自動車を買って支払いを多くしたら、収入が増えてもラクできないじゃないですか?収入増やすために頑張って働いてんのに意味ないじゃん。

そんで、税金ですがtaroはFX(外貨証拠金取引)で利益があがってます。利益があがってることを喜んいるワケではありません。

これ、スワップだけでも儲けたことになるらしくて、年間で20万円をこえた場合には確定申告が必要になるらしいです。

taroは現在、月に96,000円のスワップをもらえる状態になってます。

まだ春なのに心配するのも何だけど、今年のFXでの利益は確実に20万円をこえます。今のままでも、12月までの7ヶ月分で67万円になります。(多分もっと増える)

この場合は金額によるけどtatoのペースだと利益の20%の税金を支払わなければならないみたいですね(T_T)

おいおい、ちょっと待てよ。

年間で100万円のスワップを受け取った場合には20万円も払わなきゃならないってことかよ?

ふぇ~、こりゃ大変じゃないかぁ、、、投資からの収入計画をさらに20%増しにしなければならないじゃないですかぁ、、、

まっ、こんなの軽くクリアーしてやるぜ!

貧乏人を虐めんなよ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年5月31日 (木)

不祥事(その1)

同じような不祥事が何度も起こるのはなぜだろう?

セキュリティの強化とかヨク言われているけれど、外部から誰かが侵入して盗むとか殺すっていう事件はtaroのいる会社では、まずない。

記憶にあるものとしては20年くらい前の高校生のコソドロくらいですね。戸締りがあまい工場に侵入して更衣室のロッカーから小銭を盗まれた事件がありました。

これくらいかな?被害総額1万円くらいでしょう。

盗難があるときは、はっきり言って内部の犯行、社員が何かをやらかしたってことが、外部の誰かにやられるよりも、はるかに多い。

過去の実績からいって社員が悪さをする確率は非常に高い!

セキュリティをいくら高めても、内部の人間による犯行は防げませんよ。その業務に精通している人であれば、うまくごまかすなんて簡単なことのようです。(多くはその場しのぎで後日、監査等でバレで退職ってパターン)

いくら警備会社に依頼しても、社員の心までは監視できませんって。

不祥事は金を扱う部署に多い

当たり前のことだけど、目の前に金があって、自分に金がなかったら、やちゃいますよ。人間なんて金には弱いものです。

でも、こんな事件の場合は、犯人が哀れとか可愛そうって感じます。

仕事はしたけど、お客さんからお金を貰えないことっタマにあります。(先方が倒産したとか、、、)

すると、その工事の担当者に対して上司が

会社に入ってくる金は誰の金でもいいんだよ。」なんて、とんでもないことを言うことがあるそうだ、、、

「おまえの責任だ。おまえが何とかしろ。おまえの金でもイイんだぞ」ってことらしい。

気の弱い担当者はサラ金に手を出した、、、

会社にサラ金から電話が来るようになった、、、

お客さんから貰った金を会社に入れないでサラ金に廻した、、、

その次に貰ったお客さんの金を前のお客さんの金として、会社に入れてた、、、

自転車操業が始まった!

いづれバレる、、、

バレたら自殺した。

退職金も貰えない、、、

でも原因は、その自殺した担当者が競馬に入れ込んでいたということになった、、、

まっ、会社なんて、いろいろ尾ひれがついて噂が広がるんで、どれが本当かは分かりませんが哀れです

仕事は生きるための手段でしかないはずだよ!

たかが仕事で犯罪犯すな!

仕事ぐらいで死ぬな!

それに対し、賢い人は犯罪にならない範囲でうまいことやっています。

例えば会社に出入りしている業者に自分の家の修理を依頼する。

「いつもお世話になっているからお金はイイですよ。」なんてことになるようです。

確かに会社から発注する金額に比べたら、屁みたいなもんでしょう。

でっ、誰も損してない、、、

みんな幸せ、、、

うまい!

最近、業者との癒着みたいのが問題になり

「業者と飲食する場合は必ず上司が同席し、事前に担当常務に連絡して許可をもらうこと」という子供だましのお達しがありました。

黙ってれば誰も分からないじゃん。

バレたとしても罰則が無いじゃん。

日本国憲法にも触れません。

こういう部分で会社とか仕事をうまく利用して、バレないように楽しくやろうよ。どうせヤルなら、、、

(taroは業者の金で飲んだことが100回くらいはありますm(__)m)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »