« 会社を辞めるには その三 | トップページ | 困った年寄り その一 »

2007年1月 6日 (土)

会社を辞めるには その四

Pman グロインの大成功?により、サラリーマン脱出をはかるtaroは、次なる投資先を探します。

またまた銀行で扱っていたファンドでした。

DIAMワールド・リート・インカム・オープン(愛称:世界家主倶楽部)

これもすごい!実績で年利20%を超えています(・・;)

この時は金がなかったもので、先に購入していたグロソブの一部を解約して資金を投入した。ついでにグロインも買い足しした。(慣れてきたみたいで金が減ったらどうしようなんて考えがなくなりつつありました。)

世界家主倶楽部も毎月分配型で年2回ボーナス配当があります。

そんで、結果だけど、金の感覚が変わるくらいの成果がありました。

2006年12月の配当はグロインと世界家主倶楽部を合わせて、なんと50万円にもなった! もぉ、鳥肌がたつぐらい興奮しましたね!この時は!

「えぇぇええ、こんなにもらっていいのぉ?」「後で返せって言われないかなぁ?」貧乏育ちのtaroにはチョット怖いことでした(-_-;)

なんだかヘンな罪悪感を感じたけど、「ひょっとしたら金って簡単に増えるんじゃない?」「金は金のある所に集まるって言うのはこれかぁ?」今まで金に関しては、地道に慎重にと考えていたtaroの感覚はじょじょに変わりつつありました。

すぐにグロソブ全部を解約してグロインと世界家主倶楽部を買い足したのです。この時は頭の中が金まみれです。何時も金のことを考えるようになってました(反省)

ちなみに、この時解約したグロソブは、買った時より値上がりしていて、約12万円ほど儲けました。(こんなに儲けていいのかよ)

その後、調子に乗ったtaroは失敗をやらかします。←世の中そんなに甘くないってことですな、、、

DIAMワールド・リート・インカム・オープンは主に日本を除く世界各国のリートに投資しています。リートとは多数の投資家から資金を集めて、主にオフィスビル・商業施設・住宅等の不動産で運用します。上がったり下がったりする要因がよくわからないけど、なんかわりと安全そうな気がします。

|

« 会社を辞めるには その三 | トップページ | 困った年寄り その一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57190/13358831

この記事へのトラックバック一覧です: 会社を辞めるには その四:

« 会社を辞めるには その三 | トップページ | 困った年寄り その一 »