« 困った下請け その3 | トップページ | 困った下請け その4 »

2007年1月15日 (月)

会社を辞めるには その五

G2 わりと金が増えてきたし、運用の実績も素晴らしいしで、今やってる投資信託のピクテ・グロイン世界家主倶楽部をこのまま続けられたら将来どうなるかって試算してみました。

利回りは去年の実績から年利20%とした(かなり控えめな数値です)貯金は今の給料が減らないとして月13万円、ボーナス時に50万円×2回としています。

 年  年齢  運用資金    分配金     貯金

2007   42  1200万円    240万円    250万円

2008   43  1690万円    338万円    250万円

2009   44  2278万円    455万円    250万円

2010   45  2983万円    596万円    250万円

2011   46  3829万円    765万円    250万円

2012   47  4844万円    968万円    250万円

2013   48  6062万円    1212万円    250万円

2014       49    7524万円        1505万円    250万円

2015   50  9279万円        1855万円    250万円

2016   51  11384万円       2276万円         250万円

当初の目標、月20万円(年240万円)を年内にクリアできることとなります(^.^)

あと、2~3年我慢していればウハウハ状態ではないですか。

会社で役立たず的な扱いを受けているtaroとしてはいつ会社を辞めてもいい状態になって安心感を味わってます。

金さえあれば社内での締め付けにも耐えられるってもんですよ。

計算結果だけで将来の夢がわいてきます。50歳まで耐えられたなら、毎月もらう分配金で実家を建て直したり、自分用のマンションを購入したり、不動産投資をしてみたり、、、海外旅行も毎年行けるぞ、、、世界一周クルージングとか、、、

あくまでも現在の利回りを確保できたらの話ですが、精神的な余裕ってのが出てきました。

会社が全てじゃないぜ!世の中金だ!金さえあれば幸せになれるんだ!

おそらく一所懸命仕事している人からは非難されることと思いますが、taroにとっての会社は毎月現金を振り込んでくれる自動販売機のようなものに変質しております。

ことわっておきますが、数年前はこんな考えは持ってませんでした。仕事を生きがいとした仕事男でした、、、

|

« 困った下請け その3 | トップページ | 困った下請け その4 »

コメント

世界恐慌の再来と言われている今の経済状況ではありえませんね・・・

投稿: | 2008年11月 3日 (月) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57190/13506283

この記事へのトラックバック一覧です: 会社を辞めるには その五:

» 中国株ファンドについて [中国株初心者も勝てる中国株初心者支援道場]
中国株に投資する方法は、株式に直接投資するだけではございません。プロの投資家が一般の個人投資家に代わって運用してくれる投資信託を [続きを読む]

受信: 2007年1月15日 (月) 22時37分

» 1月20日まで期間限定価格になってます!! [脱OL宣言−ネットで稼ぐ方法−]
このおかげで海外旅行もリッチに楽しめるようになりました。。PC初心者の私にも簡単にできました [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 00時01分

« 困った下請け その3 | トップページ | 困った下請け その4 »